2013年05月09日 21時30分 UPDATE
ニュース

NEWS創価大学看護学部が京セラGの電子書籍配信サービスを導入

学術、研究/教育分野向けに開発されたクラウド型電子書籍配信サービスを導入し、iPadなどでも学習できるようにした。ICT化が進む医療現場で活躍できる看護師の育成を目指す。

[TechTargetジャパン]

 京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI)は5月9日、2013年4月に新設された創価大学看護学部が、同社の電子教科書配信サービスを導入していることを発表した。

 創価大学では、看護学部の開設に当たり「ICT化が急速に進む医療・看護の場において、そのニーズに対応できる看護師を育成したい」「いつでもどこでも学習できる環境を用意したい」と考えていた。その実現のため、同大学は看護学部の新入生全員にノートPCを貸与。また「より良い学習環境を作って、意欲的に勉学に励んでもらいたい」という理由から電子教科書配信サービスの導入を決めたという。

 KMSIが提供する電子教科書配信サービスでは、大学の講義で使用する教科書や教材を電子化して配信する。京セラコミュニケーションシステムの「BookLooper」を基盤にしており、メモやマーカー、全文検索などの学習支援機能や電子書籍のDRM(デジタル著作権管理)、決済機能などを備えている。また、複数の出版社から提供されたコンテンツをセキュリティを確保して管理。閲覧ページや時間などの詳細な学習ログを取得することで、最適な教育教材の開発などにも役立てられるという(関連記事:元オバマ政権CIO、次は教育を“チェンジ”)。

photo 電子教科書配信サービスイメージ

 KMSIによると「“保持する教科書は紙で、日常の授業は電子で”など用途に合わせた学習環境を提供できる」という。また、マルチデバイスに対応。さらにダウンロード方式によって、PCやiPadiPhoneAndroid端末などで、教室や図書館、自宅など時間や場所を問わず閲覧可能だとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...