2013年05月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2012年米大統領選からCIOが得られる教訓(後編)オバマ氏再選の鍵となった予測分析、日本でも通用するか?

2012年の米大統領選は投票総数1億2600万人となる一大イベントだった。ビッグデータと予測技術を巧みに使い勝利したオバマ陣営は、人口統計的な分類ではない“有権者の政治を変える能力”を測定していた。

[Linda Tucci,TechTarget]

 インターネットを使った選挙運動が日本でも解禁される。前回の「日本で解禁されるネット選挙運動、米国から学べることは?」に続き、2012年の米大統領選挙において、SNSビッグデータ分析を活用したオバマ・バイデン陣営の巧みなネット選挙運動を紹介。当初苦戦を強いられていた同陣営が再選を果たした背景を解説する。その戦略には日本でも応用できるノウハウが詰まっている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...