TechTargetジャパン

製品資料
「ETLツールは本当にお得か?」手組み開発と比較した工数削減効果を検証
 ETLツールは、BI(ビジネスインテリジェンス)やDWH(データウェアハウス)のシステム構築をはじめ、SAPアプリケーションやSalesforceアプリケーションなど企業内外のさまざまな情報システム間のデータ連携基盤として活用されている。システム構築期間の短縮、データ品...(2010/9/16 提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社)

技術文書
成功企業から学ぶデータ統合の活用法
 IT環境における情報量が飛躍的に増加する中、企業にとって情報資産「ビッグデータ」の活用がビジネスの鍵を握ることは間違いない。だが、従来のETLツールや夜間のバッチ処理・一括ファイル転送といった手法では、データ活用のタイミングが遅くなり、データがもたらす価...(2014/4/7 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

技術文書
データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる
 ビジネスの成功には優れた分析モデルが欠かせない。「そこそこ優れたモデル」なのか、「抜群に優れたモデル」なのかで、得られる結果には大きな差が生まれる。高いレベルの分析モデルを構築するには“汚染されていないデータ”を迅速に準備できる体制を整える必要がある...(2016/4/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
既存の業務システムや分析ツールと連携、分析システムを無駄なく構築する方法
 分析システムの導入・運用上の課題として、構築・チューニング工数の調達やデータ処理能力の制約、運用・保守工数の増加などが挙げられる。こうした課題の解決には、大量のデータを柔軟に活用できる高速性、高度な技術を必要としない簡易性とともに、短期導入や既存ツー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2016/4/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
文字コード変換は30分で完了、りそな銀行によるメインフレームからオープン系のデータ連携
 メインフレームとオープン系システムのデータ連携は、金融機関をはじめとするミッションクリティカルなデータを扱う企業などで盛んに取り組まれている施策だ。競争力向上のためのサービス拡充には、オープン系で構築された情報システムに、重要データを安全かつ迅速に取...(2016/2/3 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

技術文書
落日の「Hadoop」とデータ管理者のため息――ビッグデータ技術の明日を読む
 クラウドで利用できるデータウェアハウスが人気を呼んでいる。一方で企業のビッグデータを管理する担当者にとってはクラウド環境の管理も必要になり、戸惑いも見られる。当コンテンツでは代表的なクラウド型のデータウェアハウスと、ビッグデータ管理のポイントについて...(2015/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「データは資産」をあらためて実感! 社内データ活用の“土台”作りに欠かせない2つの要素
 ビッグデータ時代の到来で、これまでになくデータ活用への関心が高まっている。にもかかわらず、大半の企業は自社のデータ活用が進んでいないと感じているのが現状だ。データ活用が思うように進まない原因は「売上推移だけを追いかけている」「顧客情報を活用していない...(2014/9/4 提供:ウイングアーク1st株式会社)

技術文書
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウ...(2016/2/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
データが多ければ良いわけではない、オムニチャネルで顧客育成を実現させる条件
 オムニチャネルをビジネスに役立てたい場合、まず顧客や販売、商品などに関わるさまざまな情報を統合する必要がある。例えば、実店舗の販売実績の中から特定セグメントの顧客情報を選び出し、彼らがWebやモバイルでどのような行動をしているかを把握し、より効果的なマ...(2016/2/23 提供:スマートインサイト株式会社)

事例
クラウドとオンプレミスのデータ転送、田辺三菱製薬が非FTP・自動化・SSL化できた理由
 営業活動の成果を多角的に分析するには、営業支援システムに入力されたデータと基幹系システムが持つデータを組み合わせることが必要だ。そして昨今のクラウドと社内システムとの連携では、さまざまな注意点が存在する。 例えば、営業支援システムはSaaSを利用し、基幹...(2016/2/3 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

講演資料
Hadoopよりも高速なSparkの活用を積極推進するIBMは何をしようとしているのか?
 2009年にUC Berkeley AMPLabのプロジェクトとしてスタートした「Apache Spark」は、2010年にオープンソース化され、現在ではApache Software Foundationで最もアクティブなプロジェクトの1つとなった。SparkはHadoopと比較して、統計処理や機械学習のような「繰り返し計...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
今こそ、物流は変化を迫られている――「戦略的ロジスティクス」改革の5項目
 一般に日本企業の物流管理は非常に高いレベルにある。しかし企業競争において求められているのは、物品を物理的に保管・移動する単なる「物流」機能の充実ではなく、販売部門に必要な物品を送り込むための、プロセス全体という意味での「ロジスティクス戦略」の確立であ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

事例
現場部門が直接SASを使って自由に分析、One to Oneマーケティングを実現
 消費者のニーズを正確につかむことは昔からビジネスの基本とされてきたが、1人1人の顧客ニーズをより深く知る「One to Oneマーケティング」の具体化はまだまだ先だとされてきた。しかし近年、ビッグデータの活用が注目され、One to Oneマーケティングの実現性に多くの期...(2015/11/12 提供:日本情報通信株式会社)

製品資料
9時間かかるデータ処理が劇的に短縮される、大量データの分析基盤に必要な要件とは?
 ビッグデータ分析基盤の検討においては、データ収集、将来のデータ量に対応できる分析クエリの実行と拡張、エンドユーザーによる分析の使用拡大への準備、将来使用される高度な分析への準備が必要である。また、留意すべきは分析プラットフォームが提供する分析の深さだ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
隠れコストの要因――顧客対応業務をアウトソーシングする前に考えるべきこと
 非中核業務のアウトソーシングは、経営上のコスト適正化策として認識されている。しかし、「カスタマーコミュニケーション」業務においては、本来の目的である「顧客対応の質」を前提に考えないと、事業に悪影響を及ぼすこともある。 アウトソース先となるベンダーは...(2015/10/28 提供:株式会社 日本HP)

技術文書
ERPの効果に疑問を感じたら「真のデータベース統合」に着手せよ
 ERPの導入効果としては、経営内容の把握、それに伴う各種コストの最適化が挙げられる。各部門の業務データを統合し、予実管理などを迅速に進めることで、業務改善の具体策を検討できるようになる。従って、ERPの導入効果に疑問を感じている企業は、経営管理におけるスピ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

レポート
25%の歩留まり回復 製造業のパフォーマンスを高めるIoT技術とは
 製造現場における歩留まりや生産効率の改善、ダウンタイム低減といった課題の解決において、メーカーではデータ収集と保管に取り組んでいる。しかし、互いに連携しないFAネットワークの中では、正しいタイミングで適切な人へ情報を届けるのは難しい。また、膨大なデータ...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

技術文書
ETLの進化形「データ統合」への移行戦略
 企業におけるデータ活用の高度化・多様化に伴い、ETLが適用される領域は拡大を続け、新たに「データ統合」という考え方が生まれてきた。 このホワイトペーパーでは、ETLからデータ統合への移行方法や、その成功に必要となる技術要件「データ統合の着手方法」「データ品...(2010/5/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
事例で学ぶ:IoT時代のビッグデータ活用で重要な視点「DIVA」とは?
 先進企業がIoT技術を応用したビジネス革新を試みる中、“暗中模索”という企業は多い。IoTによるビジネス革新の本質は、生成されるビッグデータから、いかに価値を引き出すかにある。一方、その本質を理解しつつも「何から手を付けてよいか分からない」「投資対効果の見...(2015/9/7 提供:日本電気株式会社)

技術文書
「データ仮想化」で散在するビッグデータを一元化して情報資産に変える
 新しい企業システムを構築し、データベースシステムを定義した際、既存システムからデータを移行させなければ、新システムは稼働しない。だが、データ移行を実行した時点で、企業はデータの重複という問題を抱えることになる。データ移行や統合という手段ではなく、既存...(2014/8/1 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
DBサーバは「パフォーマンス当たりのコスト」で考える、性能と合理的コストの両立
 ビッグデータ時代におけるDBシステムの重要性はますます高まっている。データ量の増加、蓄積データの広範かつリアルタイムな再利用ニーズの拡大に伴い、高パフォーマンス、高可用性、耐障害性への要求が高まっている。 その解決策の1つとして、Microsoft SQL ServerとS...(2015/8/6 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
デスクトップコンピューティング2020戦略ガイド
 「デスクトップコンピューティング」の概念が大きく変わろうとしている。もはや、Windows環境だけを管理すればよい時代は終わったのだ。マルチOS、マルチデバイスはもとより、クラウドとの統合も視野に入れて従業員のデスクトップ環境をサポートしなければならない。 ...(2015/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
事例:Oracle DBの処理速度が10倍以上に高速化、フラッシュとSoftware Defined Storageによる待ち時間削減は554時間/日を達成
 システムの基盤強化に継続して取り組んでいる企業のシステムにおいても、期末といった特定期間にレスポンス悪化を起こすケースが散見される。この場合、一時的なトランザクション増加に、I/O性能がついていけないことが原因だ。 トランザクションが増加するということ...(2015/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2015/5/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
クラウド型BIサービス基盤に学ぶ「AWSとオンプレミスのセキュアな接続方法」
 「ビッグデータ」という言葉が世の中に広まる前から、一貫してデータ分析を柱に事業展開してきたブレインパッド。さまざまな業種の企業に対して、分析業務支援からデータ活用ソリューションまでをワンストップで提供している。 同社がクラウド型BIサービス「Cloudstock...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

製品資料
分析用データベースシステムに必須の3要素とは?
 ビッグデータ活用を支える分析用データベースシステムだが、幾つか課題を抱えている。エンドユーザーは検索レスポンスの遅さやデータ処理の遅さに不満を持つ。運用管理者の悩みはデータ量の増加によるバッチ処理時間の長さやチューニング工数の増大であり、また、経営者...(2015/2/2 提供:日本電気株式会社)

技術文書
ビジネスインテリジェンス“NG集”が明らかにする成功の方程式
 多くの企業が導入しているビジネスインテリジェンス(BI)ツールだが、全ての企業が導入に成功し、成果を挙げているわけではない。最近の調査によれば、BIプロジェクトの70〜80%は失敗しているという。失敗の理由はシステムが原因の場合や組織の問題などさまざまだ。当...(2015/3/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月2日号:中古ソフトウェア販売は著作権侵害か?
 Computer Weekly日本語版 4月2日号は、以下の記事で構成されています。■中古ソフトウェアの販売は違法なのか? 英Federation Against Software Theftが下した会員企業の資格停止処分は、中古ユーザーライセンスの合法性に関するユーザーの混乱に拍車を掛けている。■...(2014/4/2 提供:アイティメディア株式会社)

Loading