TechTargetジャパン

レポート
ITセキュリティに対するAmazon Web Servicesの意外なインパクト
 IaaSのセキュリティにユーザー企業がどこまで信頼を寄せることができるか。これは、可用性の問題とともに、企業の業務システム運用用途での、IaaS利用の進展スピードを大きく左右するポイントだ。 だが現在のところ、「かゆいところに手が届くような」議論はあまり聞く...(2013/1/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
もう大企業だけのものじゃない! 中堅・中小企業がAmazon Redshiftで始めるデータウェアハウス活用
 Tバイト/P(ペタ)バイト級のデータウェアハウスをクラウドで安価に提供する「Amazon Redshift」の登場は、これまで比較的大規模な企業での利用に限られていたビッグデータの集計・分析を中小企業や、企業内の部門単位での利用に拡大した。とはいえ、実際に利用する場...(2014/10/29 提供:インフォテリア株式会社)

技術文書
AWSのAmazon EBS 暗号化に潜む3つの問題、クラウドのデータ暗号化はどうすべきなのか
 AWS内のデータを暗号化してセキュリティを高めるために、Amazon EBS 暗号化の採用を考えている企業は多いだろう。しかしクラウドデータの暗号化では、暗号鍵の管理、アクセス制限、権限分離など、事前に検討すべき点が多数ある。 本ホワイトペーパーでは、Amazon EBS ...(2016/2/1 提供:株式会社ソフトエイジェンシー)

技術文書
ミッションクリティカルな業務もクラウドで〜Amazon EC2でのHAクラスタシステム構築ガイド
 コスト削減や運用負荷軽減などのメリットから、企業のクラウド利用が普及期に入り、今やその対象は基幹系システムやミッションクリティカルなシステムにまで広がりつつある。そこで直面するのが、セキュリティや可用性の問題であり、災害発生時のBCP/DR対策だ。 本資...(2014/6/12 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか
 Computer Weekly日本語版 9月17日号は、以下の記事で構成されています。■AmazonがMicrosoft化している5つの兆候 Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazon...(2014/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Amazon EC2のバックアップ大丈夫? AWSを生かすバックアップ設計・運用のヒント
 クラウドの普及に伴い、AWSをビジネスに活用する企業は多い。システム運用に欠かせないバックアップについて、AWSは豊富なサービスを提供しており、サーバ(Amazon EC2)のバックアップもコンソールやAPIを使って簡単に実行可能だ。しかし、手作業でのバックアップ運用...(2015/5/26 提供:日本電気株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「AWS」のI/Oパフォーマンス比較。その意外な結果とは?
 「VMware vCloud Air」はVMwareが提供するパブリッククラウドサービスで、VMware vSphereを基盤として構築されている。ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類のサービスが用意されているが、今回は専用クラウドサービスと仮想プライベート...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
日本法人長崎社長を直撃、Amazon Web Servicesに関する素朴な疑問
 Amazon Web Services(以下、AWS)とは、結局どのような企業なのだろうか。これは、AWSを利用している人、利用を検討している人のどちらにとっても、同社の提供しているサービスの具体的な機能同様、重要な関心事であるはずだ。そこでIT INSIDERでは、AWSの日本法人であ...(2015/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWSのサーバ利用料最適化に必要な「3つの勘所」
 仮想サーバサービスである「Amazon EC2」を利用している企業は多い。その運用効率を上げるためのサービスも数多くある。アマゾン自体も「Trusted Advisor」というAmazon EC2の利用履歴などを計算し、コスト最適化・パフォーマンス向上につながる推奨事項を示すサービス...(2015/5/12 提供:日本電気株式会社)

製品資料
AWSで仮想プライベートクラウドを構築、さて、セキュリティはどう担保する?
 「Amazon Web Services」(AWS)内で仮想プライベートクラウド(VPC)を構築し、社内のコンピューティング環境として利用することで、企業ネットワークの急成長に対応しながら、設備投資や運用コストを最小限に抑えることが可能になる。しかしミッションクリティカルな...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
AWSとアマゾンの関係(1):アマゾンはどこまで「普通でない」のか
 AWS(Amazon Web Services)はアマゾンにとってどういう存在なのか。アマゾンは、AWSをどういうつもりでやっているのか。これはAWSを利用する人たちにとっても、アマゾンに投資する人たちにとっても、重要な話題だ。AWSの利用者や潜在利用者が、「AWSは本当にサステイナ...(2015/1/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?
 クラウドに移行する企業は、可能な限り安全で高いセキュリティを備えたアーキテクチャを構築する必要がある。Cloud Security Alliance(CSA)のレポートでは、企業のクラウド環境に対して発生頻度が特に高い攻撃の1つが、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)であること...(2016/6/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IBMの「SoftLayer」と「Bluemix」がAWSの強力なライバルとなる理由
 米IBMと米Amazon Web Servicesのクラウドコンピューティングにおける覇権争いが続いている。 IBMのIaaS「IBM SoftLayer」は、ベアメタルクラウドのパフォーマンスや低価格のネットワーク使用料、無料のサポートを強みに「Amazon Web Services」(AWS)の顧客を取り込も...(2015/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「オンプレミスからクラウド」を賢く実践、知らないと損するノウハウとは
 企業がクラウド利用を検討する理由の多くは、クラウドが迅速にリソースを展開でき、スケーラビリティを提供し、かつコストメリットを有しているからだ。そして、多くの企業が、クラウドを検討する際には、まず、「Amazon Web Services」(AWS)を真っ先に候補に入れるだ...(2016/3/3 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

製品資料
急増するデータに高性能はいらない? 低予算時代に選びたい多目的ストレージ
 オフィスツールの高性能化とモバイル化、IoT/ビッグデータ/AI活用の進展、さらにはDR(災害復旧)に対する意識の高まりなどによって、企業の扱うデータ量は増える一方だ。しかし、それに対応できる十分な予算が用意されることはほとんどない。 この課題を解決するた...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月15日:スマートウオッチの業務利用
 Computer Weekly日本語版 4月15日号は、以下の記事で構成されています。■注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは? Apple Watchによってスマートウオッチ市場が本格的に始動した。コンシューマライゼーションはこのデバイスでも発生する...(2015/4/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ビッグデータ分析基盤を10分の1の価格で Amazon Redshiftを使いこなす3つの条件
 2012 年11 月、Amazon WebServicesが発表した「Amazon Redshift」(以下Redshift)で多くの企業に衝撃が走った。Redshift はペタバイト級のデータウェアハウスを、アプライアンス型の10分の1 の価格で利用できるクラウドサービス。データ分析のすそ野を広げる起爆剤とな...(2013/7/31 提供:インフォテリア株式会社)

レポート
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
 現在パブリッククラウド市場をけん引するのは「Amazon Web Services」(AWS)に違いないが、将来にわたってその地位を維持できるのかどうかについては疑問視する声もある。「Microsoft Azure」(Azure)の急成長やGoogleの積極的な活動は、AWSの地位を脅かしつつある。(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月21日号:クラウドプロバイダーとの関係が破綻したら?
 Computer Weekly日本語版 1月21日号は、以下の記事で構成されています。■パスワード認証キラープロトコル、FIDO 1.0仕様公開 FIDO Allianceが、パスワード認証に代わる新しい認証技術として期待されるFIDO 1.0仕様の最終版を公開。これで煩わしいパスワード認証から...(2015/1/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
今人気のクラウドデータベース5選、気になるところを詳しく紹介
 あなたの会社が「Microsoft SQL Server」を運用しているなら、社内システムを拡張するために「Windows Azure SQLデータベース」(旧称SQL Azure)を既に利用しているかもしれない。しかし、このWindows Azure SQLサービスがそぐわない場合もある。例えば、あなたの会社...(2014/8/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWSやAzureがトップ3圏外、独自クラウドが発達した中国で選ぶべきサービスは?
 近年、中国でビジネスを展開する日本企業の大きな悩みとなっているのが、自社が求めるレベルのクラウドサービスが見当たらないことだ。中国では、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」ですらトップ3に入れないほど、独自クラウドの普及が進んでいるが...(2016/8/9 提供:ニフティ株式会社)

事例
実証実験から読み解く、IoT/ビッグデータ/AI連携に必要なストレージ基盤
 IoT、ビッグデータ、AIの連携が本格化する時代が訪れようとしている。これによりインターネットビジネスだけでなく、あらゆる業種が新しい価値を創出するようになるという。近い未来に生じるこの変革に対して、企業はどのようなIT基盤を準備するべきだろうか。 従来型...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

レポート
IT部門のための「デジタルマーケティング」事始め
 近年、デジタルマーケティングへの取り組みは、Webでビジネスを営む企業のみならず、あらゆる企業のマーケターにとって主要な関心事になりつつある。Amazon,comからUberまで、続々と台頭するデジタル新興企業に対抗するためにも、マーケティング部門と顧客窓口、そしてI...(2016/6/16 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月6日号:モバイルアプリのあきれた実態
 Computer Weekly日本語版 4月6日号は、以下の記事で構成されています。■最も利用されている攻撃手法はソーシャルエンジニアリング■「Eコマースに出遅れた」靴メーカーが挑む店舗とオンラインの融合■Amazon EC2やAzureでは解決しない「プロビジョニングできない処理...(2016/4/6 提供:アイティメディア株式会社)

事例
クラウド型BIサービス基盤に学ぶ「AWSとオンプレミスのセキュアな接続方法」
 「ビッグデータ」という言葉が世の中に広まる前から、一貫してデータ分析を柱に事業展開してきたブレインパッド。さまざまな業種の企業に対して、分析業務支援からデータ活用ソリューションまでをワンストップで提供している。 同社がクラウド型BIサービス「Cloudstock...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
 ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。社内のオンプレミス環境を外部のクラウドサービスと連係することで、新たな問題が次々と出現するのだ。 例えば、VMware環境と「Amazon Web Services」(AWS)を連係するハイブリッドクラ...(2016/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
そのSSLサーバ証明書では防げない──オンライン取引の詐欺被害を減らす2つの方法
 オンライン取引が本格化してから約20年、電子商取引による販売額は2013年に1.2兆ドル以上に達した。消費者のショッピング習慣がこれだけ変化した要因は、オンラインの世界で金銭取引をする際の信頼を担保できる仕組みが確立されたことにある。その技術的基盤としての解...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
AWSがトップ3に入らない中国クラウド事情――現地で選ぶべきサービスは?
 近年、中国でビジネスを展開する日本企業の大きな悩みとなっているのが、自社が求めるレベルのクラウドサービスが見当たらないことだ。中国では、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」ですらトップ3に入れないほど、独自クラウドの普及が進んでいるが...(2016/6/2 提供:ニフティ株式会社)

Loading