TechTargetジャパン

製品資料
Amazon S3を活用したBCP/DR対策、専用ツールで安全性・操作性がさらに向上
 Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドストレージ「Amazon S3」の登場は、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策の面でもクラウド活用を促進している。そのメリットは、可用性の高さだけにとどまらない。 既に多くの企業がAmazon S3をバックアップストレー...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

事例
Amazon Auroraで高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行
 近年、盛んに行われているデータベース(DB)のクラウド移行。クラウドならではの高可用性、拡張性、運用の容易性など、移行することで得られるメリットは多い。しかし、オンプレミスの構成をそのままクラウドへ移行するといったような「単純移行」では、クラウドのメリ...(2016/12/16 提供:クラスメソッド株式会社)

レポート
弱点補完 × 利便提供――Amazon が「Prime Now」で他店の商品を届ける理由
 アマゾンジャパン(以下「Amazon」)は 2017 年 4 月 18 日、Amazon.co.jp の「Amazon プライム」会員特典として一部地域で提供している短時間配達サービス「Prime Now(プライム ナウ)」において、提携店舗にある商品の配達に対応した。Prime Nowで実店舗の商品を届け...(2017/6/1 提供:KDDI株式会社)

事例
Amazon Auroraで高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行
 近年、盛んに行われているデータベース(DB)のクラウド移行。クラウドならではの高可用性、拡張性、運用の容易性など、移行することで得られるメリットは多い。しかし、オンプレミスの構成をそのままクラウドへ移行するといったような「単純移行」では、クラウドのメリ...(2016/12/15 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

製品資料
AWS移行の新常識、「Amazon WorkSpaces」でデスクトップ運用負荷を大幅に軽減
 近年、業務システムや業務環境のクラウド移行がさまざまな形で進んでいる。その背景には、オンプレミスや仮想基盤に展開されたシステムの全面移行にも対応できるセキュリティと可用性を備えた「Amazon Web Services」(AWS)などの存在がある。 AWSが選ばれる理由には...(2017/2/7 提供:株式会社サーバーワークス)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
ITセキュリティに対するAmazon Web Servicesの意外なインパクト
 IaaSのセキュリティにユーザー企業がどこまで信頼を寄せることができるか。これは、可用性の問題とともに、企業の業務システム運用用途での、IaaS利用の進展スピードを大きく左右するポイントだ。 だが現在のところ、「かゆいところに手が届くような」議論はあまり聞く...(2013/1/23 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
償却期限間近の企業システムを迅速・低コストに移行する方法とは?
 業務アプリケーションを含めたインフラ全体をクラウドに移行する企業は、年々増えてきている。その狙いとしては、サポートが終了したOSやレガシーソフトウェアを維持するための時間やコストを削減し、パフォーマンスと信頼性の課題を回避することなどが挙げられる。 中...(2017/8/7 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

レポート
もう大企業だけのものじゃない! 中堅・中小企業がAmazon Redshiftで始めるデータウェアハウス活用
 Tバイト/P(ペタ)バイト級のデータウェアハウスをクラウドで安価に提供する「Amazon Redshift」の登場は、これまで比較的大規模な企業での利用に限られていたビッグデータの集計・分析を中小企業や、企業内の部門単位での利用に拡大した。とはいえ、実際に利用する場...(2014/10/29 提供:インフォテリア株式会社)

技術文書
AWSのAmazon EBS 暗号化に潜む3つの問題、クラウドのデータ暗号化はどうすべきなのか
 AWS内のデータを暗号化してセキュリティを高めるために、Amazon EBS 暗号化の採用を考えている企業は多いだろう。しかしクラウドデータの暗号化では、暗号鍵の管理、アクセス制限、権限分離など、事前に検討すべき点が多数ある。 本ホワイトペーパーでは、Amazon EBS ...(2016/2/1 提供:株式会社ソフトエイジェンシー)

製品資料
Amazon EC2コストを33%削減、AWS運用自動化の3つのポイント
 クラウド基盤「Amazon Web Services」(AWS)の運用を「もっと効率的にできないか」と頭を悩ませる担当者は多い。クラウド自体が運用にノウハウを必要とする上、従量課金制のため、利用時間を圧縮できればその分コスト削減になるからだ。 そこで注目されているのが運用...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

事例
AWS導入事例:ECサイトや社内システムの耐障害性と柔軟性を高めるには?
 近年、ECサイトや社内システムのようなミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が進んでいる。その背景には、Amazon Web Services(AWS)に代表される、耐障害性やセキュリティに優れたクラウドサービスの存在がある。 しかし、信頼性の高いAWSであってもシス...(2017/1/12 提供:クラスメソッド株式会社)

製品資料
Amazon EC2のバックアップ大丈夫? AWSを生かすバックアップ設計・運用のヒント
 クラウドの普及に伴い、AWSをビジネスに活用する企業は多い。システム運用に欠かせないバックアップについて、AWSは豊富なサービスを提供しており、サーバ(Amazon EC2)のバックアップもコンソールやAPIを使って簡単に実行可能だ。しかし、手作業でのバックアップ運用...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

技術文書
ミッションクリティカルな業務もクラウドで〜Amazon EC2でのHAクラスタシステム構築ガイド
 コスト削減や運用負荷軽減などのメリットから、企業のクラウド利用が普及期に入り、今やその対象は基幹系システムやミッションクリティカルなシステムにまで広がりつつある。そこで直面するのが、セキュリティや可用性の問題であり、災害発生時のBCP/DR対策だ。 本資...(2014/9/24 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
AWSのサーバ利用料最適化に必要な「3つの勘所」
 仮想サーバサービスである「Amazon EC2」を利用している企業は多い。その運用効率を上げるためのサービスも数多くある。アマゾン自体も「Trusted Advisor」というAmazon EC2の利用履歴などを計算し、コスト最適化・パフォーマンス向上につながる推奨事項を示すサービス...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/5/26 提供:Talend株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか
 Computer Weekly日本語版 9月17日号は、以下の記事で構成されています。■AmazonがMicrosoft化している5つの兆候 Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazon...(2014/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方
 オブジェクトストレージは、NASのようにデータを階層で管理するのではなく、全てのデータをフラットに扱う。長いパスをたどらなくてもすぐに目的のデータを取り出せるため、大容量データの格納先に適している。既に数々のサービスや製品が展開されており、「150ペタバイ...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドで使ってみたい「サーバレス」機能、AWSとAzureを比較
 主要なクラウドベンダーがこぞって提供しているサーバレスコンピューティング。サーバレスとは、システムが自動的にサービスをプロビジョニングし、各種のイベントに反応してジョブを実行できる仕組みだ。サーバレスでは、サーバリソースの使用を最小限に抑えることで利...(2017/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWSでの仮想プライベートクラウド構築、セキュリティはどう担保する?
 「Amazon Web Services」(AWS)内で仮想プライベートクラウド(VPC)を構築し、社内のコンピューティング環境として利用することで、企業ネットワークの急成長に対応しながら、設備投資や運用コストを最小限に抑えることが可能になる。しかしミッションクリティカルな...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「AWS」のI/Oパフォーマンス比較。その意外な結果とは?
 「VMware vCloud Air」はVMwareが提供するパブリッククラウドサービスで、VMware vSphereを基盤として構築されている。ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類のサービスが用意されているが、今回は専用クラウドサービスと仮想プライベート...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
エネルギー企業のAWS環境に「セキュリティ」と「見える化」をどう実装するか
EnerNOC は、ボストンに拠点を置くソフトウェアメーカーで、配電網エネルギーの多くの顧客に加え、世界中の顧客も対象にしたエネルギーインテリジェンスソフトウェアを提供している。EnerNOC は、Amazon ウェブサービス(AWS)上で完全にシステムを構成していることから...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

レポート
日本法人長崎社長を直撃、Amazon Web Servicesに関する素朴な疑問
 Amazon Web Services(以下、AWS)とは、結局どのような企業なのだろうか。これは、AWSを利用している人、利用を検討している人のどちらにとっても、同社の提供しているサービスの具体的な機能同様、重要な関心事であるはずだ。そこでIT INSIDERでは、AWSの日本法人であ...(2015/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握
 顧客の好みに合わせて、リアルタイムに製品/サービスを提案することは、近年のビジネスにおける主要課題となっている。この処理を大規模に実行するためには、Hadoopのような分散型コンピュータクラスタが必要となるが、多くの企業にとって、このような製品は簡単に手が...(2017/3/14 提供:Talend株式会社)

製品資料
AWSで仮想プライベートクラウドを構築、さて、セキュリティはどう担保する?
 「Amazon Web Services」(AWS)内で仮想プライベートクラウド(VPC)を構築し、社内のコンピューティング環境として利用することで、企業ネットワークの急成長に対応しながら、設備投資や運用コストを最小限に抑えることが可能になる。しかしミッションクリティカルな...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
AWSとアマゾンの関係(1):アマゾンはどこまで「普通でない」のか
 AWS(Amazon Web Services)はアマゾンにとってどういう存在なのか。アマゾンは、AWSをどういうつもりでやっているのか。これはAWSを利用する人たちにとっても、アマゾンに投資する人たちにとっても、重要な話題だ。AWSの利用者や潜在利用者が、「AWSは本当にサステイナ...(2015/1/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?
 クラウドに移行する企業は、可能な限り安全で高いセキュリティを備えたアーキテクチャを構築する必要がある。Cloud Security Alliance(CSA)のレポートでは、企業のクラウド環境に対して発生頻度が特に高い攻撃の1つが、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)であること...(2016/6/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウド最初の難所、クラウド移行のお助けツールとは
 オンプレミスからハイブリッドクラウドへ移行する道のりは楽ではない。移行がなかなか簡単にいかない大きな要因として、ハイブリッドクラウドを管理するツールやルールが、これまで使い慣れたものと違うことが挙げられる。また、ハイブリッドクラウドにおいてクラウドと...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。クラウドサービスプロバイダー、例えば米Amazon Web Servicesや米Rackspaceなどは、会社のデータ管理や通信の負担を軽減して...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

Loading