2019年10月25日 05時00分 公開
特集/連載

「拡張分析」の用途5選【前編】BIがAIで進化 「拡張分析」はデータ準備とクエリ能力をどう強化するか

BIベンダー各社は昨今、「拡張分析」に注力している。拡張分析がもたらす恩恵の中から今回はデータ準備とNLPベースのクエリについて紹介する。

[Ericka Chickowski,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 ビジネスインテリジェンス(BI)やアナリティクスツールのベンダーは、自社製品の利便性を高めようとしている。その中で自社製品や機能群に「拡張分析」(Augmented Analytics)を追加する動きが広がっている。こうした中、企業の間では既に拡張分析の実例が蓄積され始めている。

拡張分析とは何か

 拡張分析とは、BIアナリストや標準的なビジネスユーザーが簡単に洞察を活用できる高度な機能を用いて、絶えず収集するデータに対する複雑な統計計算を強化することを指す。拡張分析には、クエリを容易にする自然言語処理(NLP)などの人工知能テクノロジーが組み込まれていることが一般的だ。

 「ここ10年で、利用可能なデータが爆発的に広がり、多様なソースやチャネルからデータを取得できるようになっている。そのため規模を問わず、企業はこのようなデータを整理して理解するための助けが必要になっている」。現在のBIにおける拡張分析の役割についてこう説明するのは、Adobeで分析サービス「Adobe Analytics Cloud」の製品管理部門のディレクターを務めるベン・ゲインズ氏だ。

 分析会社Kinetica DBで最高マーケティング責任者(CMO)を務めるダニエル・ラスキン氏によると、この役割の重要性が増しているという。ビジネスの意思決定方法が、ますますデータ主導になっているためだ。「データを集める者、そしてデータの使い方を知っている者が勝者となる」とラスキン氏は指摘する。

 データを蓄え、必要に応じて分析するだけではもはや足りない。データを取り込み、継続的に評価して、即座に行動に移すことが必要になっている。「現在と過去の何十億個というデータを継続的かつ自動的に組み合わせて分析できれば、直ちに意思決定を具体化できる」(ラスキン氏)

 このような必要性が拡張分析の飛躍的な成長を促している。WantStats Research And Mediaの調査部門であるMarket Research Futureは、拡張分析の世界市場は2023年まで年間24%の順調な成長を見せ、同年には130億ドル市場になると予想している。

 ここからは、拡張分析の用途を紹介する。こうした分析強化の用途は大まかに5種類に分類できる。今回はそのうちの2つについて取り上げる。

用途1.データ準備

 拡張分析の大きな用途がデータ準備だ。データアナリストは、処理対象の新しいデータを受け取るたび、多くのプロセスをこなす必要があった。「拡張分析やスマート分析は、こうしたデータアナリストの忍耐を要する全てのプロセスを削減する」と話すのは、データ分析会社Hexe Dataで業務執行役員を務めるクリストフ・スロウィッキー氏だ。それはどういうことなのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。