OSSやクラウド(AWS、GCP)を使ったビッグデータ分析、基本的な流れをつかもうビッグデータ分析にクラウドを活用するポイント【前編】

クラウドベンダー各社は、データ分析に特化したクラウドサービス提供に注力している。こうしたクラウドサービスやOSSツールを活用したビッグデータ分析の基本的な流れを紹介する。

2017年10月31日 05時00分 公開
[重森 大]
ビッグデータ分析のデータパイプライン ビッグデータ分析のデータパイプライン《クリックで拡大》

 2017年10月に都内で開催されたデータ活用関連イベント「Data Platform Conference 2017」において、ホートンワークスジャパンを始めとした3社が、クラウドを活用したビッグデータ分析について語った。「エキスパートに聞く! クラウドで実現するビッグデータ活用」と題したこのセッションでは、データの収集から分析、活用までの考え方に始まり、各社のサービスを使った具体的な手法について聞くことができた。前編では、ビッグデータ分析にオープンソースソフトウェア(OSS)を使う場合や、「Amazon Web Services」(AWS)、「Google Cloud Platform」(GCP)といったクラウドサービスを使う場合にフォーカスし、ツールやビッグデータ分析の基本的な流れを紹介する。

OSS、クラウドを使ったビッグデータ分析の方法

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

天候と位置情報を活用 ルグランとジオロジックが新たな広告サービスを共同開発
ルグランとジオロジックが新たな「天気連動型広告」を共同開発した。ルグランが気象デー...

news130.jpg

“AI美女”を広告に起用しない ユニリーバ「Dove」はなぜそう決めたのか
Unilever傘下の美容ケアブランド「Dove」は、「Real Beauty」の20周年を機に、生成AIツー...

news099.png

有料動画サービス 34歳以下では過半数が利用経験、4割は1日1回以上利用
「ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2024」を基に、テレビ画面での動...