GoogleやAWSが提供する機械学習サービス、ビジネスにどう活用する?クラウドで身近になる機械学習

コンピューティングの新境地ともいえる機械学習が、パブリッククラウドのおかげでかつてなく手頃で使いやすくなった。ただし慌てて飛びつく必要はない。

2016年07月07日 15時00分 公開
[David LinthicumTechTarget]

 機械学習はかつての人工知能のコンセプトに基づく。1959年、継続的に更新しなくても学習できる能力を持ったシステムと定義されたのが始まりだった。機械学習はパターン認識やコンピュータ学習から生まれ、最近になって大手パブリッククラウド事業者が独自の機械学習サービスの提供に乗り出したことから脚光を浴びている。

機械学習の応用例

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...