2018年12月10日 05時00分 公開
特集/連載

セルフサービスBI導入を成功に導く10の「べし・べからず」自由放任ではうまくいかない(1/2 ページ)

セルフサービスBIは、自然に成功するわけではない。企業はデータの品質を確保し、アナリストの仕事の仕方に目を光らせる必要がある。セルフサービス文化を実現するために何をし、何を避けるべきなのか。

[George Lawton,TechTarget]

 企業はエンドユーザー向けにBIツールを導入し、インフラを整え、組織の文化的問題を克服する上で、さまざまな困難に直面する。本稿では、セルフサービスBIツールをスムーズに導入するコツを紹介する。

1. 従業員とデータ専門家でコンビを組ませる

 セルフサービス分析を行うには、全従業員がデータにアクセスできるだけでなく、データ管理の経験がない従業員がデータ専門家と連携して働ける文化が必要だと、ITサービス管理プロバイダーのASG Technologiesで製品マーケティング担当副社長を務めるロブ・ペリー氏は語る。データ管理に精通した従業員とデータ管理に疎い従業員でコンビを組ませることで、分析に不案内な従業員によって新鮮な視点やアイデアが持ち込まれ、企業が従来の開発アプローチから脱却するのに役立つ可能性がある。

2. ユーザーに任せきりにしない

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...