2019年02月22日 05時00分 公開
特集/連載

ビッグデータクラスタやPolyBaseなども強化徹底解説:SQL Server 2019で追加・強化された驚きの機能とは (1/2)

Microsoftは「SQL Server 2016」と「SQL Server 2017」をリリースした直後から、既に「SQL Server 2019」を発売する準備をしていた。そのため、同社は驚くほど多くの新機能を短期間で追加している。

[Michael Otey,TechTarget]
画像 ビッグデータとの親和性も加速?

 Microsoftの「SQL Server 2019」には、ビッグデータ統合の新機能、データベースエンジンの機能強化、Linuxとコンテナのサポート強化が含まれている。

 ビッグデータ統合とその強化はSQL Server 2019をリリースする目的の1つだ。本稿執筆時点では、このリリースをプレビューモードで利用できる。「ビッグデータクラスタ機能」のおかげで、あらゆる場所のデータに対してクエリを実行できるようになった。その結果、利用できるプラットフォームが増加し、ビッグデータシステムとの統合を強化できる。

 それだけではない。SQL Server 2019のリレーショナルデータベース(RDB)エンジンには、パフォーマンスの向上とセキュリティの改善を実現する強化が多数加えられている。MicrosoftはWindowsで動作するSQL Serverと同等の機能を利用できるよう「SQL Server on Linux」の強化も続けている。

 では、今後予定されているSQL Server 2019リリースの最も重要な新機能の一部を詳しく見ていこう。

ビッグデータクラスタで可能になるデータ仮想化

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...