2019年02月22日 05時00分 公開
特集/連載

徹底解説:SQL Server 2019で追加・強化された驚きの機能とはビッグデータクラスタやPolyBaseなども強化(1/2 ページ)

Microsoftは「SQL Server 2016」と「SQL Server 2017」をリリースした直後から、既に「SQL Server 2019」を発売する準備をしていた。そのため、同社は驚くほど多くの新機能を短期間で追加している。

[Michael Otey,TechTarget]
画像 ビッグデータとの親和性も加速?

 Microsoftの「SQL Server 2019」には、ビッグデータ統合の新機能、データベースエンジンの機能強化、Linuxとコンテナのサポート強化が含まれている。

 ビッグデータ統合とその強化はSQL Server 2019をリリースする目的の1つだ。本稿執筆時点では、このリリースをプレビューモードで利用できる。「ビッグデータクラスタ機能」のおかげで、あらゆる場所のデータに対してクエリを実行できるようになった。その結果、利用できるプラットフォームが増加し、ビッグデータシステムとの統合を強化できる。

 それだけではない。SQL Server 2019のリレーショナルデータベース(RDB)エンジンには、パフォーマンスの向上とセキュリティの改善を実現する強化が多数加えられている。MicrosoftはWindowsで動作するSQL Serverと同等の機能を利用できるよう「SQL Server on Linux」の強化も続けている。

 では、今後予定されているSQL Server 2019リリースの最も重要な新機能の一部を詳しく見ていこう。

ビッグデータクラスタで可能になるデータ仮想化

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...