2018年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

SQL Server 2019の新機能 Hadoop、Sparkを内包して企業の「データポータル」に?Azure Cosmos DBもバージョンアップ

SQL Server 2019プレビュー版にHadoopとSparkが組み込まれ、「多目的データポータル」に位置付けられることになった。同時にAzure Cosmos DBもアップデートされる。

[Jack Vaughan,TechTarget]

 Microsoftは2018年9月「SQL Server」がリレーショナルデータ以外のさまざまなデータモデルも扱えるようになると発表した。

 同社は、データ分析フレームワークの「Apache Spark」(以下、Spark)と、分散処理フレームワーク「Apache Hadoop」(以下、Hadoop)用の「Hadoop分散ファイルシステム」(HDFS)が利用可能な「SQL Server 2019」プレビュー版を、さまざまな機械学習パッケージとともにリリースした。これにより、SQL Serverを導入している多くの店舗で、SQL Serverを大規模なデータ分析のテスト環境として利用できるようになる。

 SQL Server 2019プレビュー版のデータベース管理システム(DBMS)には、オープンソースのHadoopコンポーネントが含まれている。追加されるのはHDFSとSparkデータ処理エンジンだけではない。Hadoopに接続するための認証システムである「Apache Knox Gateway」、セキュリティフレームワークの「Apache Ranger」、タスク管理サービス「Apache Livy」も利用可能だ。これらの機能はSQL Server 2019の一部であるKubernetesクラスタのLinuxで使用できる。

 近年、Sparkは、ビッグデータ処理の最先端を行く組織のためのツールとなっている。Sparkを使うことで、大規模な分析、データ抽出、変換、コンバージョン、機械学習などの作業ができるためだ。

ビッグデータ処理の問題の解決

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...