2018年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

SQL Server 2019の新機能 Hadoop、Sparkを内包して企業の「データポータル」に?Azure Cosmos DBもバージョンアップ

SQL Server 2019プレビュー版にHadoopとSparkが組み込まれ、「多目的データポータル」に位置付けられることになった。同時にAzure Cosmos DBもアップデートされる。

[Jack Vaughan,TechTarget]

 Microsoftは2018年9月「SQL Server」がリレーショナルデータ以外のさまざまなデータモデルも扱えるようになると発表した。

 同社は、データ分析フレームワークの「Apache Spark」(以下、Spark)と、分散処理フレームワーク「Apache Hadoop」(以下、Hadoop)用の「Hadoop分散ファイルシステム」(HDFS)が利用可能な「SQL Server 2019」プレビュー版を、さまざまな機械学習パッケージとともにリリースした。これにより、SQL Serverを導入している多くの店舗で、SQL Serverを大規模なデータ分析のテスト環境として利用できるようになる。

 SQL Server 2019プレビュー版のデータベース管理システム(DBMS)には、オープンソースのHadoopコンポーネントが含まれている。追加されるのはHDFSとSparkデータ処理エンジンだけではない。Hadoopに接続するための認証システムである「Apache Knox Gateway」、セキュリティフレームワークの「Apache Ranger」、タスク管理サービス「Apache Livy」も利用可能だ。これらの機能はSQL Server 2019の一部であるKubernetesクラスタのLinuxで使用できる。

 近年、Sparkは、ビッグデータ処理の最先端を行く組織のためのツールとなっている。Sparkを使うことで、大規模な分析、データ抽出、変換、コンバージョン、機械学習などの作業ができるためだ。

ビッグデータ処理の問題の解決

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。