2019年02月22日 05時00分 公開
特集/連載

ビッグデータクラスタやPolyBaseなども強化徹底解説:SQL Server 2019で追加・強化された驚きの機能とは (2/2)

[Michael Otey,TechTarget]
前のページへ 1|2       

データベースエンジンの強化

 新しいビッグデータクラスタ機能によって、SQL Server 2019のビッグデータ分析サポートが強化された。だが、SQL Server 2019の中核がRDBエンジンであることに違いはない。

 SQL Server 2019はデータベース互換性レベルが150に設定されている。互換性レベルに関するOPTION(USE)のヒント句(SQLの実行計画を操作するオプション)により、クエリの正確な互換性レベルが決定されるようになった。軽量な「クエリプロファイリングインフラ」は初期設定で有効になっている。また、新しい静的データマスクでは、SQL Serverデータベースのコピーに含まれている機密データを取り除くことができる。UTF-8文字エンコードもサポートする。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。