2013年07月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iPad、Android端末の弱点をカバー「訪問看護のために生まれた」と評価されたタブレットとは?

在宅医療・看護のニーズを満たすクライアント端末として注目されているタブレット。多くの選択肢がある中、「まるで訪問看護師のために生まれてきた」とユーザーに言わしめた最適なデバイスがある。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 厚生労働省の「平成24年版 医療計画」によると、今後の医療・介護サービスの提供体制を施設完結型から地域包括型に移行し、医療と介護の連携強化を進める方針が掲げられている。また、2025年の将来像として患者の日常生活に密着する場所に病床機能が移ることを想定し、居住系サービスのさらなる充実を図る計画を進めている。その一方で、病床数の増加は見込まれておらず、最期を迎える看取りの場所の確保が今後問題になると予測されている。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2040年には約49万人分の看取りの場所が不足する見込みだ。

 在宅療養や終末期ケアを充実させるためには、病気や障害がある人が住み慣れた地域や家庭で療養生活できることを支援する「訪問看護サービス」に期待が懸かる。しかし、全国の訪問看護事業所の数はそれほど増えておらず、訪問看護師の人材確保が課題となっている。

 「とにかく人(看護スタッフ)が足りない」。一般社団法人 名古屋市療養サービス事業団 在宅療養部 訪問看護課長 近藤佳子氏は、訪問看護の現状をこう説明する。そこで同事業団は現場スタッフの負荷を軽減するためにIT化に着手し、訪問看護師に最適なクライアント端末の採用を進めている。本稿では、インテルが6月に開催した記者説明会における同事業団の発表内容を踏まえ、その取り組みを紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news117.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」がインフィード広告枠への配信を拡充
ソネット・メディア・ネットワークスはDSP「Logicad」において、インフィード広告枠への...

news048.jpg

LINEとTwitterの幹部が語る、これからのマーケティングにおけるSNS活用
「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」から、LINE 上級執行役員の田端信太郎氏とTw...

news035.jpg

サイバーエージェント、ライブ動画の広告活用に特化した専門組織を設立
サイバーエージェントは、同社が運営する映像配信プラットフォーム「FRESH!」をはじめと...