2014年02月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

攻撃は標的型に移行もはや手が付けられない 金融機関を狙って進化するマルウェア

金融機関を狙ったマルウェアが進化を続けている。手口がより高度化、巧妙化したマルウェアは、金融機関にとってますますの脅威となりつつある。銀行各社も対策を進める必要がある。

[Brandan Blevins,TechTarget]

 金融機関を狙ったマルウェア(フィナンシャルマルウェア)が進化し、次々と新たな能力を備えるようになってきた。その多くは高度な通信テクニックを駆使しており、攻撃を検知するのは不可能に近い。こうした状況の中、金融機関と消費者を狙うマルウェアの実態について述べたリポートが公表された。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...

news049.jpg

「サイボウズらしさ」を貫くマーケティングとは?――サイボウズ鈴木 亜希子氏に聞く
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...