2014年01月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

相次ぐ攻撃でリスク意識が上昇金融システムを揺るがすサイバー攻撃は発生するか 警戒強める銀行

英国では、サイバー攻撃を脅威と認識する銀行が急増している。その背景には、2013年に相次いだサイバー攻撃があるようだ。イングランド銀行の調査結果から明らかになった。

[Karl Flinders,Computer Weekly]

 英国の銀行のうち4分の1は、オペレーショナルリスク(業務遂行に伴って発生するリスク)を、英金融システムの安定性を揺るがす大きな脅威として認識している。また、その半分以上の銀行は、複数回の攻撃を受けた結果、サイバー攻撃は脅威であると認識するようになったと、イングランド銀行(英中央銀行)が先日明らかにした。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...