2013年12月17日 08時00分 公開
特集/連載

個人の金融情報も監視? スノーデン暴露で物議を醸す金融市場協定違反となる可能性も

内部告発者のスノーデン氏がリークした文書によると、NSAが国際銀行間金融通信協会のデータにアクセスしていたという。個人の財務データも監視していたとする報道もあり、大きな物議を醸している。

[Karl Flinders,Computer Weekly]

 米政府当局による国際銀行間金融通信協会(SWIFT:Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)の金融取引の監視を認めた欧州連合(EU)・米国間の協定に関し、欧州議会は中断を求める決議を採択した。

 欧州議会議員(MEP)らは、米国家安全保障局(NSA)がSWIFTネットワークに侵入したとするエドワード・スノーデン氏の指摘をめぐる調査が終わるまで、「テロリスト資金源追跡プログラム(TFTP:Terrorist Finance Tracking Program)」を中止するよう求めている。

スノーデン氏のリークが発端で高まるセキュリティへの懸念

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...