2014年08月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「最新バージョンのOSが最も安全」は本当?Windows 8.1自慢のセキュリティにありがちな「4つの誤解」

Windows 8.1に移行したとしても、組織内にある全ての脆弱性を修正することはできない。このことは、経営陣や幹部にきちんと伝え納得させる必要がある。

[Kevin Beaver,TechTarget]
tt_aa_6098.jpg

 「Windows XP」のサポート終了にまつわる誇大な騒ぎが収まり、多くの企業が今、「Windows 8.1」への移行を進めている。そのことに意外性はない。米Microsoftの最新OSであるWindows 8.1は、超高速でITプロフェッショナル向けに改善された機能も盛り込まれ、そのままの状態でセキュリティが大幅に強化されているからだ。

誤解「最新のセキュリティを搭載した新しいバージョンほど優れている」

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...