2013年03月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

コンシューマー向けWindows 8ではWindows To Goも使えないWindows 8 Enterpriseエディションを企業が選ぶべき理由

Windows 8の4つのエディションのうち、「最も安価なコンシューマー向けのWindows 8で十分なのでは」と考えるIT管理担当者もいるかもしれない。だが、企業ユースには向かない複数の理由がある。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

SA契約が前提だが、機能が豊富なWindows 8 Enterprise

 Microsoftは2012年4月、Windows 8を、Windows 8、Windows 8 Pro、Windows 8 Enterprise、そしてWindows RTの 4つのエディションに分けると発表した。Windows 7の多様なライセンス方式を大幅に整理した結果だ。

 このうちWindows 8はコンシューマー向け、Windows 8 ProはIT知識が豊富でプロフェッショナルグレードのものを好むプロシューマー向け、そしてWindows 8 Enterpriseは大量のノートPCやデスクトップPCを運用する企業に向けたパッケージとなっている。Windows 8 EnterpriseにはProの全機能に加え、他のパッケージには見られない機能も多く搭載されている。このエディションは、MicrosoftのSoftware Assurance(以下、SA)契約を結んだユーザーにボリュームライセンスプログラムでのみ提供される。

 商売の1つの鉄則として「必要のないものは買うな」といわれるように、企業ユーザーの中には「コンシューマー向けのWindows 8で全てのニーズを満たせるのではないか」と考える向きもあることだろう。ただ、このエディションにはBitLockerによる全ディスク暗号化をはじめ、エンタープライズ向けの機能の多くが含まれていない。そこで暗号化された仮想ディスクを作成する「TrueCrypt」などのサードパーティー製品を使って機能の差を埋めれば、「コンシューマー向けのエディションを導入して初期費用を節約できるのでは」と考えるIT管理担当者もいるかもしれない。

 確かにそうした方法は可能だが、このアプローチには1つ大きな問題がある。TrueCryptを含む一部のサードパーティー製品は、ネイティブのグループポリシー管理機能に対応していない点だ。そのため労力とコストを費やして、そうした機能を手作業でサポートする必要がある。そのコストは安価なエディションを導入するメリットを相殺してしまうのではないだろうか。

注目の「Windows To Go」もWindows 8 Enterpriseのオプション機能

 なお、Windows 8 Enterprise導入の前提となるボリュームライセンスプログラムが適用されるのはほんの5デバイスから。また、デスクトップ環境を個々人がUSBデバイスに入れて持ち歩ける他、一元管理することができる新機能「Windows To Go」も、Windows 8 Enterpriseのオプション機能となっている。具体的には、Windows 8 Enterpriseのユーザーが、さらにWindows Companion Subscriptionライセンスを追加契約することでしか利用できない。これらの点でも企業がホームユーザー向けのWindows 8を選ぶメリットは少ない。

 この他、タブレットスマートフォンなど、最大4台までのコンパニオンデバイスでWindows 8のデスクトップ環境にアクセスできるなどWindows 8 Enterpriseにはメリットが多い。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

日本の「アドフラウド」「ブランドセーフティー」「ビューアビリティー」の現状――IAS調べ
せっかく出稿した広告の半分以上がムダ打ちになっている? いいのか、これで(いや、よ...

news020.jpg

ナイキジャパンからアダストリアへ移って学んだこと――久保田 夏彦氏:前編
ナイキジャパンで「NIKE.jp」や「NIKE iD」の立ち上げを担い、2016年に「グローバルワー...

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...