2011年12月06日 09時00分 公開
特集/連載

IT管理者がチェックすべきWindows 8の機能と仕様Windows 8に向けてIT管理者が準備すべきこと(前編)

Windows 8はいずれ企業にも入ってくる。このクライアントOSを管理する立場から、あらためてWindows 8の各機能を検討してみよう。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 「Windows 8(コードネーム)」の最初のプレビュー版(Developer Preview)がリリースされたときにメディアの話題の中心になったのは、新しいタッチ対応ユーザーインタフェース(UI)など、エンドユーザー向けの機能だった。しかし、IT管理者が将来的な展開や管理を見据えて注意しておくべき内部的な変更も、同じくらいある。

 Windows 8の正式リリースはまだ先であるため、具体的な変更内容については依然として流動的な部分がある。しかし米Microsoftは、Windows 8にどのような課題やメリットがあるかイメージできるくらいの情報は提供している。本稿ではこれまで公開されている情報を踏まえて、IT管理者に関係のありそうな点をまとめてみた。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...