2012年12月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

15%のマルウェアが“素通り”Windows 8で強化されたセキュリティは本当に強固か?

新しいセキュリティ機能が数多く実装されたWindows 8。ただし、安全性は完璧とはいえないようだ。Windows 8のセキュリティ機能を整理しつつ、脅威の実態を示す。

[Stuart J. Johnston,TechTarget]

 米Microsoftの新しいOS「Windows 8」のセキュリティ機能を検証する際、ITプロフェッショナルが主眼を置くのは、Windows 7と比べてどうかという点だ。

 Microsoftは、Windows 8に新しいセキュリティ機能を幾つか追加した。だがマルウェア対策ソフトベンダーの報告によると、それでもまだWindows 8は、一般的なマルウェア群など、一部の攻撃に対して脆弱だ。

 機械の設計や製造を手掛ける米Waltonen Engineeringのネットワーク管理者、ティム・ロビンソン氏は、「セキュリティはわれわれにとって、そしてセンシティブなデータを扱う者全てにとっての生命線だ」と話す。

 米政府から多数の業務を請け負っているWaltonenのような企業には、特にそれが当てはまる。Windowsの脆弱性を1つでも悪用されれば、貴重な契約を失いかねないとロビンソン氏は言う。

Windowsの新しいセキュリティ機能

 Windows 8で強化されたセキュリティ機能の1つ「Secure Boot」は、ブートローダーとrootkit攻撃の防止を支援する(参考:Windows 8の「Secure Boot」を批判するLinux陣営)。さらに、ブートプロセスで正規のコードよりも前にウイルスがロードされるのを防ぐ「早期起動マルウェア対策」もサポートした。Secure Bootは、Windows 8でBIOSファームウェアに入れ替わった「Unified Extensible Firmware Interface」の仕様を活用している。

 Windows 8にはこの他、Microsoftのウイルス対策エンジンが、セキュリティパッケージ「Windows Defender」の一部として組み込まれている。また、「アドレス空間配置のランダム化」「データ実行防止」など、Windowsの既存のセキュリティ機能も強化された。こうした技術には、メモリのどこに脆弱なシステムコードがあるか推定されるのを防ぐ狙いがある。

 こうした技術により、攻撃者がWindows 7を制御するために使っていたメモリ悪用の手口の多くは、Windows 8に対しては通用しなくなるとMicrosoftは解説する。

Windowsの脆弱性はなくならない

 こうした新しいセキュリティ機能があっても、Windows 8の安全性は完璧とはいえない。2012年10月下旬のWindows 8リリースから数日後、トレンドマイクロは、脆弱性を悪用する2種類のマルウェアを発見した。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

「Ameba」がMomentumのアドベリフィケーションツールと連携
サイバーエージェントは、Momentumが提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」...

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...