Microsoftの脆弱性スキャナ「MBSA」の限界避けたい、脆弱性の悪用

MBSAは重大な脆弱性をシンプルかつ簡潔な形で提示してくれる。しかし市販の脆弱性スキャナと比べると、すぐに限界が見えてくる。

2010年11月29日 08時00分 公開
[Kevin Beaver,TechTarget]

 わたしはこのところ、Microsoft Baseline Security Analyzer(MBSA)と愛憎関係にある。最初は気に入らなかったが、そのうちセキュリティスキャンツールが気になり始めた。MBSAはより高いレベルのWindowsSQL Server、IISに関連する脆弱性のスナップショットを提示してくれる。これらはMicrosoftがテストを勧める最も重大な脆弱性であり、シンプルかつ簡潔な形で提示される(下図)。

alt 図:MBSAのシンプルで完結なリポート表示《クリックで拡大》

 MBSAにはまた、スクリプティング機能およびVisioと連係できる機能もある。これで脆弱性をネットワーク図の上に置いて見ることができる。Windows 7Windows Server 2008 R2搭載のシステムでも実行可能だ。MicrosoftはShavlik Technologies(MBSAのコードを書いた会社)と提携し、Shavlik NetChk Limitedツールを通じてMicrosoftのレガシーソフトのサポートも提供している。

 それはそれとして、わたしは自分の顧客に、Microsoftはセキュリティベンダーではなく、業界最高の脆弱性スキャンツール開発ビジネスに携わっているわけでもないとくぎを刺すことにしている。ここ数年でQualys、GFI Software、Rapid7などの各社が成長してきた理由はそこにある。MBSAを市販の脆弱性スキャナと比べてみれば、すぐにMBSAの限界が見えてくる。

 以下は市販の脆弱性スキャナがMBSAの機能を上回る点だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。