2014年10月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

対策は進んでいるがやっぱりヒヤヒヤ全く気を抜けないビットコインのセキュリティ事情

ビットコイン取引所は成熟しつつあるが、セキュリティの問題が依然として残っている。普及団体のBitcoin Foundationはこの問題をめぐり、良いニュースと悪いニュースの両方を紹介している。

[Rob Wright,TechTarget]
tt_yo_2014_1008_bitcoin.jpg

 ビットコインとその取引所は成熟しつつあるが、この暗号通貨をめぐっては依然セキュリティのリスクが懸念されている。

 国際プライバシープロフェッショナル協会(IAPP)とクラウドセキュリティアライアンス(CSA)が2014年9月17日〜19日(米国時間)にカリフォルニア州サンノゼで共同開催したカンファレンス「IAPP Privacy Academy and CSA Congress 2014」では、ビットコインの普及に取り組む非営利団体Bitcoin Foundationの法律顧問を務めるパトリック・マーク氏と、法律事務所Steptoe & Johnsonのパートナー弁護士であるジェイソン・ワインスタイン氏が講演し、ビットコインに今なお存在しているリスクや、ビットコインのセキュリティを強化する新技術について語った。

ビットコイン取引は匿名じゃない

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

ブレインパッド、「興味キーワード」ごとに自動的にWeb閲覧者のセグメントを作成する新機能を開発
ブレインパッドは、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」のサポートツール...

news068.jpg

クリエイティブに対する感情分析でターゲティング、動画広告のアンルーリーが新ツールをリリース
アンルーリーは、動画コンテンツに対して好反応なオーディエンスに広告配信するターゲテ...

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...