2014年12月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

認知症の評価を遠隔診断でも可能に認知症高齢者も安心・安全に暮らせる社会の実現に必要なこと

少子高齢化とともに認知症高齢者の増加が今後見込まれる。そうした高齢者でも住み慣れた地域で安全に暮らせる社会が望まれている。その実現に向けた取り組みを紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 少子高齢化とともに、特に認知症高齢者の増加が今後見込まれる。そうした高齢者でも住み慣れた地域で安全に暮らせる社会の実現が望まれている。そうした中、文部科学省は2013年度から公募事業「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」を進めている。この事業では、将来社会のニーズから導き出されるあるべき社会の姿、暮らしの在り方を設定し、10年後を見通した革新的な研究開発課題を特定。その上で既存分野や組織の壁を取り払い、企業だけでは実現できない革新的なイノベーションを産学連携で実現することを目指す。

 その公募事業のトライアルの1つとして、高齢者医療に取り組んでいるのが京都府立医科大学を中心に展開する「COLTEM」だ。COLTEMでは法学や工学の研究者や企業、行政が一体となった研究開発拠点を設置し、新しい地域包括ケアの形を模索している。本稿では、2014年10月にシスコシステムズが開催した報道機関向け説明会での京都府立医科大学大学院医学研究科 精神機能病態学 成本 迅氏の講演を基に、高齢社会を支えるICTの在り方を考察する。

地域の高齢者を支えるシステム構築を目指す「COLTEM」

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...