2014年12月19日 12時00分 UPDATE
特集/連載

教育ITニュースフラッシュ「Surface Pro 2」を選んだ畿央大学、「iPad」ではなぜだめだった?

埼玉大学が進める学務システムのクラウド移行事例から、保護者へのIT活用教育の認知度を調べた調査結果まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]
tt_tt_ENF_01.jpg

 教育機関のIT導入事例、教育機関向けの新製品に関するニュースを紹介する教育ITニュースフラッシュ。クラウドを使って学務システムを刷新する埼玉大学の取り組みから、保護者のIT活用教育に対する関心や意見を調べた調査結果まで、さまざまなニュースがありました。

畿央大学が「Surface Pro 2」導入 新入生約550人が利用

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...