2015年01月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか

Windows などに隠れがちだが、実はUC 市場でも強い米Microsoft。2015年に「Microsoft Skype for Business」へと名称変更する「Microsoft Lync」の底力とは?

[TechTargetジャパン]
ik_tt_15853.jpg クリックでダウンロードページヘ

 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げた米Microsoft。米Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。

 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へと名称変更することが決まっている。コンシューマー向けに圧倒的な知名度を誇るブランドを掲げ、この勢いはまだまだ続きそうだ。UCにおけるMicrosoftの強みとは何なのか。TechTargetジャパンの過去の記事を再編集した本資料で見ていこう。


プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...