2015年03月13日 15時00分 UPDATE
特集/連載

企業導入など今後の動向にも注目5分で分かる「Android for Work」、ビジネス仕様のAndroid端末を作るには

「Android for Work」は、Android端末の業務利用を支援する米Google主導の取り組みである。Androidをビジネス仕様にする各種機能やサービスが用意されている。その主な機能や特徴を紹介する。

[Matt Schulz,TechTarget]
0313_kf_android_190.jpg

 米GoogleのモバイルOS「Android」は、エンタープライズ市場でこれまであまり受け入れられてこなかった。だが、その状況は変わりつつある。Googleが「Android for Work」プログラムを開始したことで、セキュリティや管理の面でエンタープライズモバイル管理(EMM)製品との連係が強化されるからだ。

 Android for Workは、私物端末向けの仕事用プロファイル設定やIT部門向けの管理・セキュリティ機能など、一連のサービスと技術コンポーネントで構成されている。実際の製品とサービスはEMMベンダーが提供する。米VMware傘下の米AirWatch、米Citrix Systems、米IBM傘下の米Fiberlink Communications、米MobileIron、カナダBlackBerry、ドイツSAPなどが既にGoogleのパートナーとなっている。

 本稿では、Android for Workの主な機能を紹介する。なお、「Android 5.0 Lollipop」(以下、Lollipop)の利用を前提としている。

ネイティブな業務用アプリ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...