2015年05月14日 15時00分 UPDATE
特集/連載

SDNをレイヤー4-7に【前編】大手ベンダーも注目、ネットワークオーケストレーションとは何か

Software Defined Data Centerおよびクラウドによって、プロビジョニングとライフサイクル管理を自動化するためのレイヤー4-7ネットワークオーケストレーションツールの必要性が高まっている。

[Jessica Scarpati,TechTarget]
画像 A10ネットワークスではレイヤー7の製品であるADC製品の仮想版「vThunder」を提供している

 ネットワークは長年にわたりミドルチャイルドシンドローム(※編注:3人兄弟の真ん中の子は、上の子や下の子に比べて置き去りにされていると感じる傾向)を患っている

 サーバ仮想化によりシステム管理者が仮想マシン(VM)を数分以内に簡単に立ち上げたり撤去したりできるようになって以来、インフラにスピードと効率性をもたらすものとしてデータセンターは確固たる地位を築いた。それは、動的環境への対応をIT部門に強いつつ、クラウドコンピューティングのための道を開いた。

SDNへの期待はレイヤー4-7へ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

ホットリンク子会社のトレンドExpressが越境ECサービス「越境EC X」を提供
トレンドExpressは、越境ECサービス「越境EC X(クロス)」の販売を開始した。販売だけで...

news018.jpg

メイドインジャパン製品が好き過ぎるアジアの都市は?――トランスコスモス調査
トランスコスモスは、アジアの主要10都市におけるオンラインショッピングの利用実態を調...

DACがテンセントと戦略的パートナーシップを締結
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムはTencent IBGと戦略的パートナーシップの締...