2015年05月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

柔軟性と冗長性、構成しやすさで考えるストレージの「NAS」と「DAS」の比較で分かった“やっぱり”な結論

一部のアプリケーションではDASは便利なストレージだ。だが、ストレージアーキテクチャに関する選択肢の多いNASの方が適切な選択肢になることは少なくない。

[Brien Posey,TechTarget]
tt_yo20150522nas.jpg 米EMCのスケールアウトNAS「Isilon」シリーズ《クリックで拡大》

 「NAS(Network Attached Storage)」と「DAS(Direct Attached Storage)」のいずれかを選択できる場合、既存の環境ではどちらを使用するのが適しているのだろうか。要件は企業によって異なるため、全ての環境に当てはまる答えはないが、本稿では企業がDASではなくNASを選ぶべき5つの理由を紹介する。

理由1:DASの容量の上限

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...