2015年05月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

柔軟性と冗長性、構成しやすさで考えるストレージの「NAS」と「DAS」の比較で分かった“やっぱり”な結論

一部のアプリケーションではDASは便利なストレージだ。だが、ストレージアーキテクチャに関する選択肢の多いNASの方が適切な選択肢になることは少なくない。

[Brien Posey,TechTarget]
tt_yo20150522nas.jpg 米EMCのスケールアウトNAS「Isilon」シリーズ《クリックで拡大》

 「NAS(Network Attached Storage)」と「DAS(Direct Attached Storage)」のいずれかを選択できる場合、既存の環境ではどちらを使用するのが適しているのだろうか。要件は企業によって異なるため、全ての環境に当てはまる答えはないが、本稿では企業がDASではなくNASを選ぶべき5つの理由を紹介する。

理由1:DASの容量の上限

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...