2015年04月16日 12時00分 UPDATE
特集/連載

コールドデータを巡る熱い闘いAmazon追撃を狙うGoogle、ストレージ分野でも真っ向勝負へ

2015年3月に米Googleが発表した新しいクラウドストレージサービスは、AWSの同種サービスを完全に意識している。これにより、両者は新しい領域での戦いを始めることになった。

[Sonia Lelii,TechTarget]
jo_tt_150416_cloud.jpg

 米Googleの新しいクラウドストレージサービス「Google Cloud Storage Nearline」が米Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Glacier」を追っている。Glacierでは数時間かかる復旧時間を数秒に短縮すると宣言した。

 Amazon Glacierと同様に、Google Cloud Storage Nearlineは、1Gバイト当たり月間1セントという料金でデータを保存できる。Nearlineは「near online(オンラインに近い)」に由来し、オフラインのコールドストレージサービスとほぼ同等の価格で比較的高速にアクセスできるストレージサービスだ。違いはAmazon Glacierからのデータ復旧には数時間かかるのに対し、Googleが数秒での復旧をうたっている点だ。

 Google Cloud Storage Nearlineは2015年3月にβ版の提供が開始された。Googleによれば、この低コストアーカイブクラウドでは顧客が3秒でデータを引き出せるという。対するAmazon Glacierでは、復旧に3〜5時間かかるのが最大の欠点だった。

DRの有効な選択肢となるクラウドストレージサービス

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

Adobe幹部に聞く、マーケティングを超えた「顧客体験」の提供に企業が今取り組むべきこと
創業以来、クリエイティブ支援の会社として確固たるポジションを築いてきたAdobe Systems...

news014.jpg

「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人...

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...