2015年01月13日 12時00分 UPDATE
特集/連載

容量単価だけで選ぶのは危険AWS vs. Azure vs. Google、運用コストで選ぶ3大クラウドストレージ

米Amazon Web Services、米Microsoft、米Googleの3社はいずれも同じような価格でクラウドストレージを提供しているため、クラウドベンダーの選定では価格を最終的な判断基準とすべきではない。

[Trevor Jones,TechTarget]
tt_aa_6259.jpg

 クラウドベンダーの選定に際しては、ストレージ容量の価格で判断してはならない。

 米調査会社Gartnerのリサーチディレクター、ワーナー・ザーカー氏によると、データストレージをクラウドに移行することによって経費を大幅に節減できる可能性があるが、パブリッククラウドの大手ベンダーが提供する「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」(Azure)および「Google Cloud Platform」(GCP)の間では、容量当たりの価格差がほとんどないという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経...

news103.jpg

ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロア...

news088.jpg

見込み客情報が「足りている」企業は2割未満──SATORIがB2Bマーケティングの実態を調査
SATORIは、国内B2B企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果についての調査を実...