2011年08月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

SMB向けNASシステムの選択肢が拡大(前編)中堅・中小企業向けNAS市場が活況化した理由

2000年代初頭、大手ベンダー各社が見向きもしなかったSMB市場。現在ではほとんどのベンダーが同市場に大いに注目している。その理由を探る。

[Alan Earls,TechTarget]

 ほんの数年前までは、中堅・中小企業(SMB)市場をターゲットにしたNAS(Network Attached Storage)システムは存在しないに等しかった。しかし最近では状況が一変し、高機能・低価格という魅力的なSMB向けNASシステムが大手および中小ベンダー各社から提供されるようになってきた(関連記事:SMBにはSMB向け製品を――大企業の「お下がり」無用)。

 米調査会社Gartnerのアナリスト、ボブ・パスモア氏によると、最も安価なNASシステムはワークグループ向けの製品だが、これらは管理型ネットワークに組み込むにはまだ制約があるという。「最も有名な製品は(米Overland Storageの)Snapアプライアンスと米Iomegaの製品(現在は米EMCが製造)だろう」と同氏は話す。その次のカテゴリーに含まれるのは機能を限定したデバイスで、同氏によると、これらもやはりワークグループ向けNASと見なすことができるという。これらの製品では一般に、ファイルを共有するユーザー数に制限があり、最低限のセキュリティ機能しか備えておらず、ストレージ管理機能としては、デバイスを他のメディアにバックアップする方法しか用意されていない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。