2015年07月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

コンテナ技術への対応を急ぐMicrosoft“小さい”だけではない、Windows「Nano Server」が注目される“大きな”理由

Nano Serverは単に規模を縮小したOSであるだけでなく、アプリケーションの導入方法に大きなインパクトを与える可能性がある。

[Brian Kirsch,TechTarget]
ik_tt_nano01.jpg 「Nano Server」の動作イメージ(Microsoftの発表リリースから)《クリックで拡大》

 コンテナ技術は成長を続けている。コンテナはマイクロOSではなく、アプリケーションを稼働させるのに必要なOSの一部分である。これらはJavaより軽量で、より軽量のバージョンも登場している。

 米Microsoftは以前、「Windows Server 2008」とともに、GUIのないフルバージョンのOSである「Server Core」をリリースした。Server Coreはコンテナではなかったが、コアサービスやアプリケーションを実行させるためには完全なOSが必要でないことを示した。Server Coreは、「Windows Server 2012」およびこれから発売される「Windows Server 2016」に含まれる。Microsoftは加えてWindows Server 2016で「Nano Server」を提供する予定で、サーバOSに変革をもたらすかもしれない。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

Marketo、営業とマーケティングの連携支援ツールを提供するToutAppを買収
Marketoは、セールスエンゲージメントソフトウェアを提供するToutAppを買収したと発表した。

news022.jpg

「シナラDSP」とSSP「Ad Generation」がRTB接続
シナラシステムズジャパンは、Supershipが運営するSSP「Ad Generation」とのRTBによる広...

news113.jpg

Sansan 石野真吾氏がMarketo主催アワードで「Marketer of the Year」を受賞
庭山一郎氏が相棒であるミミズクの「ノヤン先生」とともに米国へ出張。ITmedia マーケテ...