2015年07月22日 15時00分 UPDATE
特集/連載

知らないとちょっと恥ずかしいAWS? Azure? 次のクラウド選びに欠かせない“注目トレンド 5選”

クラウド市場は進化を続け、さまざまな変化や発達を遂げている。2015年も後半に入ったところで、上半期のトレンドから今後に役立ちそうな注目の5テーマを振り返る。

[Nicholas Rando,TechTarget]
tt_aa_kaigai.gif 主要サービス比較(出典:AWS、Azure、Google――クラウド“ビッグスリー”比較表で分かる本当の勝者)《クリックで拡大》

 季節は春から夏へと移り、2015年も折り返しを迎えたが、クラウドコンピューティング市場の熱気は収まるところを知らず、相次ぐ企業買収、値下げ、開発など、絶え間ない変化のただ中にある。そこで重要となるのが、常に最新のクラウド動向を把握しておくことだ。ハイブリッドクラウド、コンテナ技術、DevOps(開発と運用の融合)、ベンダー選定など、IT担当者は常にクラウド関連の知識に磨きをかけ、アップデートしていく必要がある。

 というわけで、2015年も後半に突入した今、専門家によるクラウド関連の指摘を振り返っておくのは有意義なことであろう。2014年には、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて利用する企業が増加し、大規模なセキュリティ侵害のニュースがメディアの見出しを飾るなど、ハイブリッドクラウドとデータセキュリティが注目を集めた。2015年の盛夏を迎えるに当たり、上半期に注目されたクラウドコンピューティング関する5つのテーマを振り返る。

1.自社に合ったクラウドベンダーの見極め

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

CMOにふさわしいのは社内の人材? 社外のスペシャリスト? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンは、同社主催イベント参加者などを対象にマーケティング業務の変化に...

news109.jpg

電通テック、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」を提供開始
電通テックは、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」の提供を開始した。

news072.jpg

日本経済新聞社が動画マーケティング支援のViibarと資本業務提携
日本経済新聞社とViibarは、資本業務提携に関する契約を締結した。