2015年05月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

何をどのような条件で比べるかAWS、Azure、Google――クラウド“ビッグスリー”比較表で分かる本当の勝者

「Amazon Web Services」「Microsoft Azure」「Google Compute Engine」を比較した際、トップに立つのはどのクラウドか。答えは何を比べるかによる。

[David Linthicum,TechTarget]
tt_aa_kaigai.gif 主要サービス比較《クリックで拡大》

 パブリッククラウドの利用を検討している企業は多くの場合、まず料金の比較から始める。現在のクラウド料金は「Cloud Vertical」や「Cloudorado」といったWebサイトで比較できるが、料金や性能、機能、適合性を調べるためには、単純に下がり続けるインスタンス料金に目を向けるだけでなく、もっと複雑なモデルが必要だ。クラウドサービスの「ビッグスリー」、すなわち「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」(Azure)、「Google Compute Engine」(GCE)に関して言えば、最もコスト効率が高いプラットフォームと最も料金が安いプラットフォームは必ずしも一致するとは限らない。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news157.jpg

「オウンドメディアは動画」 企業の4割が重視、でもユーザーは?
魅力的な企業Webサイトのポイントから最近人気の「ちょい飲み」、シニア世代の意識の変化...

news109.jpg

データアーティストが「DLPO Ai」と「DLPO DMP」をリリース
データアーティストはディープラーニングとワードエンベディングの技術を用いた「DLPO DM...

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...