2015年04月09日 15時00分 公開
特集/連載

AWSに加えてSoftLayerも利用、“マルチクラウド”実践企業の目的は?組み合わせでコストを削減

米The Weather Companyが、AWSに追加してSoftLayerを導入しているというニュースが話題を呼んでいる。だが、クラウドの世界ではこうした取り組みが多く見られるようになっている。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 米Amazon Web Servics(Amazon)は、クラウドコンピューティングのリーダー的な存在であるかもしれない。だが、「Amazon Web Servics」(AWS)が唯一のプロバイダーではない。

 Amazonのリファレンスカスタマーの米The Weather Companyは、導入済みのAWS環境に米IBMの「IBM Cloud SoftLayer」(SoftLayer)を追加導入し、マルチクラウド環境に移行したことで注目を浴びている。だが、クラウドコンピューティングが成熟するにつれて、Weather Company以外の企業もマルチクラウド管理戦略に乗り出すようになると見て間違いないとアナリストはいう。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...