2015年04月09日 15時00分 公開
特集/連載

AWSに加えてSoftLayerも利用、“マルチクラウド”実践企業の目的は?組み合わせでコストを削減

米The Weather Companyが、AWSに追加してSoftLayerを導入しているというニュースが話題を呼んでいる。だが、クラウドの世界ではこうした取り組みが多く見られるようになっている。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 米Amazon Web Servics(Amazon)は、クラウドコンピューティングのリーダー的な存在であるかもしれない。だが、「Amazon Web Servics」(AWS)が唯一のプロバイダーではない。

 Amazonのリファレンスカスタマーの米The Weather Companyは、導入済みのAWS環境に米IBMの「IBM Cloud SoftLayer」(SoftLayer)を追加導入し、マルチクラウド環境に移行したことで注目を浴びている。だが、クラウドコンピューティングが成熟するにつれて、Weather Company以外の企業もマルチクラウド管理戦略に乗り出すようになると見て間違いないとアナリストはいう。

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...

news138.jpg

今さら聞けない「ウェビナー」の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...