2014年03月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT部長さんのための技術トレンド【第4回】1回で分かる:クラウド運用管理、物理環境との違いは?

IaaS(Infrastracture as a Service)の利用で避けては通れない運用管理の課題とは。慣れ親しんだ物理環境と比べてどう違うのか。「クラウド運用管理」を4つの手法で解説する。

[大屋 誠,IDCフロンティア]

関連キーワード

DevOps | IaaS | 運用管理 | パブリッククラウド


 「クラウド運用管理」「クラウドマネジメント」という言葉を耳にすることが増えてきました。

 クラウドサービスの利用拡大について今更説明は要らないと思いますが、クラウドの特徴を十分に生かし、課題をコントロールするノウハウとなると、まだまだ体系化されているとは言い切れません。

 最近、クラウドの構築・運用支援を得意とする会社やクラウドを管理するツール/サービスが盛んに登場したり、クラウド活用に関する勉強会やブログが多く見受けられるのも、そういった背景によるものだと思われます。

 本稿では、クラウドの中でもIaaS(Infrastracture as a Service)にフォーカスを当て、クラウド運用管理について説明します。

クラウドの運用管理って?

 クラウドだからといって管理する対象が物理環境と異なるわけではありませんが、クラウドの特徴を生かすことで、大きな投資をせずに生産性を上げたりガバナンスを確立することができます。クラウド環境の管理には大きく4種類あります。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...