2015年10月19日 12時00分 UPDATE
特集/連載

コツはステップ・バイ・ステップ企業のクラウド移行は“じわり”と進めたほうがいい (1/2)

なにごとも急進的なのはよくない。華々しく見えるけれど危険も大きい。とはいえ、いつまでも石橋をたたいているのも賢明ではない。ライバルがはるか先を行ってしまうからだ。

[Paul Korzeniowski,ITmedia]
クリックして拡大 確かにロケットのように急上昇するより気球のようにゆるゆると揚がっていくほうが負担が少ない

 クラウドは簡単に導入してITサービスの提供をスピードアップする可能性を秘めている。そのため、多くの企業のビジネス計画にはクラウドが含まれている。ただし、企業にはクラウド移行計画が必要だ。ミッションクリティカルでないシステムからゆっくりと移行を進めることは、急いで大規模かつ複雑なシステムを導入するよりも理にかなっている。

 クラウドには「プライベートクラウド」「ハイブリッドクラウド」「パブリッククラウド」という選択肢がある。企業はシステムの処理を社内で行うため、プライベートクラウドを最も安心できると考えている。451 Researchのアナリストによると、クラウド関連の利用形態でプライベートクラウドプロジェクトが多くの割合を占めているという。一方、ハイブリッドクラウドでは、企業のデータセンターにおいて、サービスの一部をクラウドベンダーが運営するデータセンターに移行する必要がある。この変化にIT管理者は不安になることが多いため、企業は漸進的に移行を進める。


       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...