2016年02月09日 12時00分 UPDATE
特集/連載

数秒でアプリケーションを配信専用の仮想デスクトップはもう不要? 「VMware App Volumes」の仕組み (1/2)

「VMware App Volumes」を使用すると、IT管理者は、非永続的な仮想デスクトッププールから永続的なアプリケーションを配信できる。本稿では、App Volumesの仕組みを紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
tt_aa_kaigai_img.jpg App Volumeのポジション《クリックで拡大》

 VMwareの「VMware App Volumes」は、仮想デスクトップ環境のアプリケーションを配信および管理するリアルタイムアプリケーション管理ツールだ。App Volumesを使用すると、仮想ディスクからアプリケーションをプロビジョニングしてアップグレードできる。この際、アプリケーションをパッケージ化、変更、ストリーミングする必要はない。

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...