2013年04月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

主要3製品を比較、アプリケーション仮想化製品選びのポイント【後編】管理性に着目、VMwareとMSで比べるアプリケーション仮想化

アプリケーション仮想化の主要3製品を比較する後編では、VMware ThinAppとMicrosoft App-Vの特徴を解説する。

[Alyssa Wood,TechTarget]

 Citrix XenApp 6.5の機能を紹介した前編「アプリケーション仮想化でCitrix XenAppを選ぶ理由とは?」に続き、後編ではVMware ThinAppとMicrosoft App-Vの特徴を見ていく。

VMware ThinApp

 「VMware ThinApp」は、「Citrix XenApp」と「Microsoft App-V」には見られない機能を備えている。その1つが、オフラインアプリケーションを配信する機能だ。また、アプリケーション仮想化ツールの可搬性という点でも最も優れている。ソフトウェアやデバイスドライバをインストールする必要がないので、ほとんどどこからでもThinAppアプリケーションを実行することができるのだ。空港のラウンジなど離れた場所からアプリケーションにアクセスする場合でも、管理者権限は必要とされない。

 しかし「ThinAppを配備するのは容易ではない」と指摘する管理者もいる。一元的な管理プラットフォームが用意されていないので、アプリケーションの管理も面倒だという。クラウドとモバイル機能の試験運用を行っている企業であれば、「ThinApp 4.7」が米VMwareの「Horizon Application Manager」と連係していることも知っておく必要があるだろう。

ThinAppで知っておくべきこと

 ThinApp 4.6はVMware View 4.5以上のバージョンと連係するが、全ての管理者が仮想化されたアプリケーションを仮想デスクトップに配信する必要があるわけではない。特にThinAppアプリケーションをView環境で利用している場合には、各アプリケーションのライセンス、管理および配備に関して知っておかねばならないことがたくさんある。

仮想アプリケーションを大量生産するThinApp Factory

 VMwareが新たに開発した「ThinApp Factory」は、アプリケーションのパッケージングプロセスを自動化する。この仮想アプライアンスは「VMware vCenter」または「VMware Workstation」に組み込むことにより、エンコードと配布作業を自動化してくれる。

Microsoft App-V

 App-Vは一元管理機能を備えており、管理者はユーザーのアクセスを特定のアプリケーションだけに限定できる。このアプリケーション仮想化ツールは、Windows 7あるいはWindows 8への移行を進めている企業の間で人気が高い。仮想化されたWindowsアプリケーション(Officeなど)との相性がいいからだ。最新版のApp-V 5.0ではディスク要件が緩和され、アプリケーションのローカルインストールが不要になった。また、アプリケーションの診断・監視機能も強化された。

VMwareユーザーにも訴求するApp-V

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...