2016年10月28日 07時00分 UPDATE
特集/連載

マクロやアドオンからの卒業次世代“Excel職人”も注目? 「Office 365」向け開発環境の可能性とは

Microsoftは、「Office 365」の普及拡大するために開発者向けにさまざまな取り組みをしている。本稿では、取り組みの詳細を紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]
Office 365 Developer ProgramのWebページ《クリックで拡大》

 「Office 365」の普及拡大を目指すMicrosoftにとって、Office 365の開発者向けプラットフォームの重要性が高まっている。Office 365はMicrosoftの企業向けオフィススイートプラットフォームだ。企業は自社開発アプリケーションをこのプラットフォームに組み込むことで、Office 365と連係する使いやすいアプリケーションを開発できる。

 Microsoftは、Office 365のさらなる普及拡大のため、新しいビジョンを打ち出した。調査会社Gartnerの調査によれば、回答者の78%がOffice 365を既に使用しているか、使用する予定であることが分かった。利用者をさらに拡大するには、「Microsoft SharePoint」などのOffice 365サービスでビジネスプロセスへの拡張性を高める必要がある。だが開発者の間ではOffice 365向け開発に関する理解がなかなか浸透していない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...