2016年11月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT管理者の1つの理想形かあなたは「Facebookの次期CIO」になれるか? 求人票から分かった“納得の条件”

Facebookが公開している最高情報責任者(CIO)の求人票について、管理職スカウトの専門家がレビューしたところ、重要なポイントが浮かび上がってきた。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Facebook | 経営 | トレンド解説


CIO求人票 Facebookが公開したCIO求人票(画像は米TechTargetのWebサイトより)《クリックで拡大》

 Facebookが新しい最高情報責任者(CIO)を探していることは公然の事実だ。同社は2016年4月、現在CIOを務めているティモシー・カンポス氏が、2016年をもってFacebookを退職することを発表済みだ。

 この発表をきっかけに予想外の出来事が起こっている。Facebookが自社サイトを利用してCIOの求人票を掲載し、条件や職務内容などを包み隠さず公開したのだ。この投稿は、各社のCIOにとって贈り物といえるだろう。デジタルの変革という壁を乗り越えたFacebookが未来のIT責任者に何を求めているのか、それを確認する機会を得ることができるからだ。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。