2017年02月02日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド、IoTの他は?乗り遅れると致命的、2017年の企業ITを左右する5つの主要技術を示す

クラウドコンピューティングはここ数年で大いに進化した。ただし先はまだ長い。今後はビッグデータやコンテナ、IoTといった技術が大きな役割を担うことになる。

[Mike Matchett,TechTarget]

 2017年はどのような技術が目玉となるのだろうか。2017年のITトレンドとして私たちが注目しているのは、クラウドのハイブリッド導入、ビッグデータアプリケーション、コンテナなど、いずれも既によく知られた技術だ。その他に注目すべきは、不揮発性のストレージクラスメモリ(SCM)が普及期を迎え、これまで30年間使われてきた従来型の構造化されたデータセンターインフラに取って代わり始めるかもしれないという点だ。さらにIT担当者は皆、大注目のIoT(モノのインターネット)への対応を迫られることになるだろう。

 こうした技術はそれぞれが相互に関連している。実際、IoTのデータを処理する新しいアプリケーションを管理する必要性から、今後これら5つの分野全てに一気に取り組まなければならない企業が増えたとしても少しも意外ではない。各分野の概要を確認しておこう。

注目の5分野

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...