2017年04月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

それはやはり「Creators」ですから「Windows 10 Creators Update」の新機能にIT部門が“真顔”の理由

企業のIT担当者は、新しい「Windows 10 Creators Update」に対して先進的なセキュリティツールなどの新機能を期待した。だが実際の内容はそうではなかったようだ。

[Ramin Edmond,TechTarget]
Windows 10の大型アップデートだから、その名前に「Creator」とあっても企業のIT担当者が期待してしまうのも無理はない

 Microsoftが4月10日の週に配信した「Windows 10 Creators Update」は、企業におけるIT担当者の期待を満たすほど多くの新しい業務向け機能を提供していなかった。「Windows Defender Advanced Threat Protection」(ATP)やOSの更新プロセスを改良したものの、Windows 10 Creators Updateに期待されていた他の機能がなかったことで、IT担当者は落たんしている。

 Windows 10 Enterpriseを使っている公益企業でITディレクターを務めるマット・コーシュト氏は「大した内容はない」と言い切った。「多少はきれいになり、パフォーマンスを向上させるために手を加えた部分も多数ある。だがその大部分は個人ユーザー向けのようだ」(コーシュト氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...

news034.jpg

Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】