2017年06月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

買収で市場縮小の可能性機能てんこ盛りの「EMM製品」は便利? それとも不要? (1/2)

ここ数年、EMMベンダーの統合再編が相次いだ結果、EMMツールは単なるデバイス管理を超えた進化を見せ、多彩な機能を実装するようになった。業界では今後、企業の再編がさらに進みそうだ。

[Jack Gold,TechTarget]
画像 企業のニーズと市場の変化がEMMツールに与えてきた影響とは

 ベンダーの買収と合併が相次いだことで「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)市場の情勢は変わりつつある。企業がEMMツールに期待する機能も同様に、時代の流れとともに変化してきた。

 EMMの役割は、企業が従来の「モバイルデバイス管理」(MDM)に求めていたものとは大きく異なる。初期にMDMツールを導入した企業が最も重視していた機能は、資産管理とデバイスの電源をオフにするスイッチだった。モバイルデバイスの急激な普及と、それに伴う私用端末の業務利用(BYOD)の横行への対策として、企業はMDMツールを組織内に迅速に展開した。

 一時期はIT担当者向けにMDMツールの選択肢が多数存在していたが、EMM市場が成熟するにつれ、単純なMDMツールの市場は少しずつ衰退していった。EMMはMDMから派生したものだ。競争が激しく、時には特定企業が席巻するIT製品の市場で、MDMベンダーをはじめとする各ベンダーが、付加価値で他社との差異化を図る方法を模索した結果、EMMが生まれた。

 BlackBerry、Citrix Systems、IBM、VMwareなどのEMMベンダーがIT担当者に対して、自社製品のアピールを繰り返す状況が続くだろう。ただしEMMツールのセールストークのポイントは、管理機能のみを前面に押し出すのではなく、機能性の向上や従業員の生産性向上の訴求へと変化する。現在の大規模組織では、収益向上のために機能性や統合度の高さへのニーズが高まっているからだ。

 この目的を達成する上で、目立つ傾向が幾つかみられるので、以下に紹介する。

EMMツールとそれを発売するベンダーの合併吸収が継続

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...