2017年08月08日 05時00分 UPDATE
特集/連載

エコシステムはいまだ発展途上なかなか自動化しないSDN管理、ハイブリッドクラウドで使えるのはまだ先?

SDNはハイブリッドクラウド型の企業ネットワークを最適化する可能性がある。だがこのテクノロジーやこれを取り巻くエコシステムは、依然として未成熟だ。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

 仮想化は、企業がサーバリソースやストレージリソースを導入する方法を変えている。だが少なくとも今のところ、仮想化の効果はネットワークまで及んでいない。その結果ハイブリッドクラウド環境では、企業がプライベートクラウドとパブリッククラウドの間でワークロードを結び付け、オーケストレーションする必要があるため、ネットワークのボトルネックが課題として残る。

 業務ではマウスを数回クリックするだけでクラウドインフラを導入することが望まれており、仮想化にはこの能力が期待されている。他の仮想化テクノロジーと同様、SDN(ソフトウェア定義のネットワーク)はシステムのソフトウェアとネットワークハードウェアを分離することで、ネットワーク環境を単純にする可能性はある。SDNによって、ソフトウェアのコントロールパネルと転送用ハードウェアノード(ルーターやスイッチなど)が切り離される。そのため、高価なものが多いベンダーの専用デバイスではなく、市販のルーターを使えるようになる。

 だが、こうしたメリットがあるとしても、SDNはハイブリッドクラウドネットワークの問題の特効薬にはまだなっていない。

 「SDNは『Still Doing Nothing』(依然として何の役にも立たない)の略ではないかと思えるほど役に立っていない」とZK Researchの主席アナリスト、ゼウス・カレワラ氏は語る。仮想ネットワーク接続の複雑さ、総合的なSDNエコシステムの不足、不完全な管理ツールが原因で、SDNの導入は遅々として進まない。

期待に応えていない

 理論上、SDNによって、柔軟性とアジリティに優れたネットワークデバイスを構成できる。以前のアプリケーションは、特定の通信回線と密接に関係し、緊密に接続されていた。SDNアーキテクチャでは、管理者が必要に応じて簡単に新しいネットワーク接続を作成できる。だが、これだけでは、SDNはハイブリッドクラウドやそのネットワークボトルネックの現状に対する期待に応えたことにはならない。

 以前であれば、古いネットワークシステムを新しいものに取り換えなければならなかった。しかしSDNでは、物理ネットワーク接続を変えずに、その上位に仮想化レイヤーが適用される。つまり事実上、1つではなく2つのネットワークを管理することになる。構成が合理化されるどころか、この設計では管理の複雑さが増すことになる。

図1 図1 SDNの問題点《クリックで拡大》

 さらにサーバやストレージの仮想化は比較的容易に導入されてきた。それは、サーバやストレージが通常データセンター内に設置されるためだ。だがネットワークデバイスはデータセンターから複数のエンドポイントまで大きく広がり、構成が必要なデバイスの数は多くなる。その上、企業がパブリッククラウドやハイブリッドクラウドを導入するにつれ、こうしたエンドポイントの数が増えていく。

変化するネットワーク管理プロファイル

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ユープラス、インタラクティブ動画編集サービス「MIL」にクーポン機能を追加
ユープラスは、インタラクティブ動画編集サービス「MIL(ミル)」にクーポン機能を追加し...

news012.jpg

話題のスマート調理家電「ヘルシオ ホットクック」を差し上げます
無料メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から...

news127.jpg

デジタルガレージ、アドエビスを活用した統合デジタルマーケティングを支援
デジタルガレージは、ロックオンが提供するマーケティングプラットフォーム「アドエビス...