2017年08月30日 05時00分 公開
特集/連載

IT担当者はここで判断すべし移行前に知りたかった「Windows 10仮想化」4つのメリット

Windows 10の仮想環境での利用には重要なメリットがある。例えば、デプロイメントプロセス全体をより簡単にしたりパッチ管理を容易にしたりすることなどだ。

[Theresa Miller,TechTarget]
Windows 10《クリックで拡大》

 IT担当者がMicrosoftの最新OS「Windows 10」への移行を決定するとき、仮想環境においてWindows 10を利用可能にするかどうかという別の大きな問題に直面する。

 あらゆる作業環境にマッチする仮想化技術はない。IT担当者は仮想化技術が最適だと判断した場合のみWindows 10を仮想環境で利用すればよい。

Windows 10を仮想環境で利用する理由

 Windows 10を仮想環境で利用する主なメリットとして挙げられるのは、リスクの軽減とデプロイメント成功確率の向上だ。

  • デプロイメントの迅速化:Windows 10を仮想環境で利用する際のポイントは、ユーザー向けのOSイメージを構築することだ。場合に応じた適切なWindows 10イメージを構築すれば、部署やユーザー別に適切なリソースを適切な場所に配置できるので、これらのイメージのデプロイメントは単純作業となる。仮想化技術を用いてWindows 10イメージのデプロイメントをすることで、結果的にデプロイメントに要する時間は短くなる

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

「GoPro HERO6 Black」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news013.jpg

「AIに仕事を奪われる」 4割の若者が不安を感じている――SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンスが、全国の高校生と大学生、専門学校生を対象に、AIへの...

news021.jpg

ドミノ・ピザ ジャパンは「メールマーケティングあるある」な悩みをどう乗り越えたのか
売り上げの中心がモバイルにシフトする中、ECからの受注率80%という目標を掲げるドミノ...