2017年08月30日 05時00分 公開
特集/連載

IT担当者はここで判断すべし「Windows 10」移行先に仮想環境を選ぶと得する“4つの根拠”

Windows 10の仮想環境での利用には重要なメリットがある。例えば、デプロイメントプロセス全体をより簡単にしたりパッチ管理を容易にしたりすることなどだ。

[Theresa Miller,TechTarget]
Windows 10《クリックで拡大》

 IT担当者がMicrosoftの最新OS「Windows 10」への移行を決定するとき、仮想環境においてWindows 10を利用可能にするかどうかという別の大きな問題に直面する。

 あらゆる作業環境にマッチする仮想化技術はない。IT担当者は仮想化技術が最適だと判断した場合のみWindows 10を仮想環境で利用すればよい。

Windows 10を仮想環境で利用する理由

 Windows 10を仮想環境で利用する主なメリットとして挙げられるのは、リスクの軽減とデプロイメント成功確率の向上だ。

  • デプロイメントの迅速化:Windows 10を仮想環境で利用する際のポイントは、ユーザー向けのOSイメージを構築することだ。場合に応じた適切なWindows 10イメージを構築すれば、部署やユーザー別に適切なリソースを適切な場所に配置できるので、これらのイメージのデプロイメントは単純作業となる。仮想化技術を用いてWindows 10イメージのデプロイメントをすることで、結果的にデプロイメントに要する時間は短くなる

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...