2017年06月19日 05時00分 UPDATE
特集/連載

VDI環境で直面しがちな課題と解決策「Windows 10」への移行に失敗するVDIユーザーは、何を見落としているのか? (1/2)

仮想デスクトップインフラ(VDI)を活用する企業では、「Windows 7」から「Windows 10」への移行で痛い目に遭う可能性がある。その原因と回避策を探る。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像 VDI環境におけるWindows 10移行の注意点と対策を整理

 仮想デスクトップインフラ(VDI)を利用する企業の中には、「Windows XP」から「Windows 7」への移行で苦労したところが少なくない。VDI環境では一般的に、仮想デスクトップのユーザープロファイル(レジストリなどの設定情報群)やアプリケーションをサーバで一元管理する。そのユーザープロファイルやアプリケーションが、新OSでそのまま利用できない場合があるのだ。今後は多くの企業で進むであろう、Windows 7など現行OSから「Windows 10」への移行も、スムーズに進めるにはユーザープロファイルとアプリケーションの移行が鍵を握る。

 Liquidware Labsの「ProfileUnity」や「FlexApp」のようなツールはIT管理者にとって、仮想デスクトップのOSをWindows 10へ移行する際に、ユーザープロファイルやアプリケーションをスムーズに移行するのに役立つ。VMwareのユーザー会「VMware User Group」(VMUG)が2017年6月初めに開催したカンファレンス「Boston VMUG UserCon」では、こうしたツールの技術が詳しく紹介された。グローバルでITサービスを提供するDXC Technologyでシニア仮想化エンジニアを務めるジェレミー・クーチュア氏は「異なる環境間で素早く簡単に移行できれば助かる。こうした技術は、Windows 10への移行プロジェクトで重宝しそうだ」と評価する。

最初のステップはリソース使用状況の評価

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...