2017年03月09日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10移行“見送り派”ユーザーがWindows 7を安心して使い続けるには?「壊れていないものは修理しない」皆さんへ

「Windows 10」にアップグレードせずに「Windows 7」を生き永らえさせたいなら、ディスク領域のクリーンアップやセキュリティ更新などのベストプラクティスを実施しよう。

[Kelly M. Stewart,TechTarget]
Windows 10のWebサイト(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 「壊れていないものを修理するな」という格言がある。現に機能しているものを変えたり改良したりする必要はないという意味だ。Windows 10にアップグレードしない理由としても同じことがいえるかもしれない。

 最新のソフトウェアやハードウェアにアップグレードしなければいけないという圧力を感じることは多い。Microsoftが最新版のOSへアップグレードさせようと強く推進していることはよく知られている。それにも負けずWindows 10にアップグレードしないという場合は、ぜひ本稿を参考にしてほしい。

Windows 7でできること

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...