2017年03月09日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10移行“見送り派”ユーザーがWindows 7を安心して使い続けるには?「壊れていないものは修理しない」皆さんへ

「Windows 10」にアップグレードせずに「Windows 7」を生き永らえさせたいなら、ディスク領域のクリーンアップやセキュリティ更新などのベストプラクティスを実施しよう。

[Kelly M. Stewart,TechTarget]
Windows 10のWebサイト(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 「壊れていないものを修理するな」という格言がある。現に機能しているものを変えたり改良したりする必要はないという意味だ。Windows 10にアップグレードしない理由としても同じことがいえるかもしれない。

 最新のソフトウェアやハードウェアにアップグレードしなければいけないという圧力を感じることは多い。Microsoftが最新版のOSへアップグレードさせようと強く推進していることはよく知られている。それにも負けずWindows 10にアップグレードしないという場合は、ぜひ本稿を参考にしてほしい。

Windows 7でできること

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...

news020.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。