2016年05月17日 07時00分 公開
特集/連載

無料アップグレードは無理?サポート切れ「Windows XP」から「Windows 10」へ、手遅れになる前の必須確認リスト

2014年にサポートが切れたものの根強く残っている「Windows XP」。さまざまなリスクを抱えるWindows XPを、最新OS「Windows 10」へアップデートするのは容易ではない。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Windows 10の公式Webページ《クリックで拡大》

 MicrosoftのOS「Windows」は絶滅に向かうといううわさを聞いたことがあるかもしれない。主流デスクトップOSであるWindowsはわずか7年前には、エンドポイントの市場シェアの95%を確保していた。その数字が現在では90%に後退したからだ。

 ただしこの数字は誤解を招きかねない。確かに、Windowsの市場シェアは2009年に比べると下がったかもしれないが、その間に、デバイスの台数は20億台から30億台へと急増した。新しく増えた数十億台のエンドポイントの多くは、Windows以外のOSを搭載したモバイル端末だ。Windowsの市場シェアが縮小したのは、同OSが直接対応していない分野で市場が拡大したためだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...