2016年04月22日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」の“気味の悪さ”、ユーザーデータ収集に不安は?設定変更でプライバシーは守れる

「Windows 10」は大量のユーザーデータを収集している。Microsoftに言わせれば、その目的は全て、ユーザーに最適な使用感を実現することにある。その背景と、設定の変え方のポイントを解説する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Windows 10 Windows 10のプライバシー設定に不安を抱く人は少なくない(画面は日本マイクロソフトの製品紹介ページ)《クリックで拡大》

 HBO(米国のケーブルテレビ放送局)が放送していた非常に評判のいいドラマ「The Wire」(注:“The Wire”は盗聴、盗聴器のこと)で、オマール・リトルという登場人物が自分の犯行を正当化する時に言うせりふがある。「何でもありのゲーム(It's all in the game)」。オマールはボルティモアの麻薬取引のことを言っているのだが、このせりふは「Windows 10」のデータ収集を巡る批判にも当てはまる。

 Windows 10はテレメトリや個人設定、サービス、そして広告に関する情報をMicrosoftのサーバに送信する。だがWindows 10の「Cortana」などの機能をフル活用したければ、ユーザーはそれを引き換えに受け入れなければならない。現実として、Appleの「iOS」や「Mac OS X」、Googleの「Chrome OS」や「Android」も同じように情報を収集している。何事にも完全なプライバシーはあり得ない。何でもありのゲームなのだ。

Windows 10のデータ収集で想定すべきこと

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。