「Windows 7」にしがみつく人は何を心配しているのか壁に突き当たった「Windows 10」移行計画

Microsoftは2016年、無償アップグレードを通じて「Windows 10」の普及を加速させた。そのインセンティブがなくなった今、企業はできるだけ長い間「Windows 7」にしがみつこうとしている。

2017年03月23日 08時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
画像 Windows 10への移行に二の足を踏む企業は少なくない

 一部の組織は、普及が鈍化した「Windows 10」への移行計画を遅らせている。拭い去ることができない懸念が、その理由だ。

 Windows 10は提供開始の時点で急速に普及が進んだ。Microsoftは同社のOS史上、最も成長のペースが速かったと主張していた。だが「Windows 7」を使い続けている企業のIT部門が抱く、自動更新のコントロール面やレガシーアプリケーションのサポート面に関する疑問は、今も解決されていない。

 「成果が実証されるまで、Windows 10に切り替えるつもりはない。必ずしも新しい方がいいとは限らない」。梱包(こんぽう)管理会社OngweowehのITディレクター、ジム・デイビーズ氏はそう語る。

 Web調査会社Net Applicationsが運営するWebサイト「NetMarketShare」が、OSの種類別にインターネットユーザーのトラフィックシェアを調査したところ、2017年2月のWindows 10のトラフィックシェアは25.3%から25.19%へと微減。同時にWindows 7のトラフィックシェアは47.2%から48.41%へと上昇した。

 企業のみに限っても、Windows 10の採用は横ばいだ。TechTargetの調査「IT Priorities Survey」によると、Windows 10がデビューした2015年、移行を計画していた企業は14%に満たなかった。2016年にはMicrosoftの無償アップグレードのおかげで、この数字は40%超へと急騰したが、2017年は46%とわずかな増加にとどまっている。

Windows 10の問題

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...